一生ものなんてもう要らない。

「一生もの」という売り文句

「一生もの」という売り文句があります。

一生ものの時計。

一生もののバッグ。

一生ものの●●●。

「一生もの」に魅かれる

「一生もの」という言葉に魅かれます。

物を買う際は、一生ものという事を意識して選んでいました。

一生使うつもりで。

一生使えるから高くても問題なし。

一生使える飽きのこないデザインを。

一生ものは幻想でした

手持ちの「一生もの」を目の前にして、必要か否かと考えると、「必要無し」との決断が下りました。

ほぼ全て。

一生使うつもりで買った物は、断捨離に目覚めてから、ほとんど処分してしまいました。

一生ものなんて幻想だと気付きました。

年を重ねる度に、趣味嗜好は変化していきます

ちょっと極端な例えですが、20歳代の頃に、一生もののつもりで物を買ったとします。

それを60才を過ぎた頃に使えるはずが有りません。

人の趣味嗜好は年を重ねていく度に変化していきますから。

一生もののガラクタ

一生ものと思って物を買い、現実にそれを使い続けられるようであれば問題ありません。

しかし、一生ものという観念に囚われて、使いもしないで物を所持し続ける事で、その物は「一生もののガラクタ」になりかねます。

気を付けよう、一生ものという甘い言葉

私も「一生もの」という言葉に魅かれてしまう事は否めません。

しかし、断捨離を実践中に、一生ものなんていう物は、身動きを不自由にさせてしまう足枷にしかならないと感じました。

一生ものなんてもう要らない

そんな事を思うと、一生ものなんてもう要らない。

そう感じます。

物を買う時に、良い物や気に入った物を欲しいとは思いますが、その物に「一生もの」というラベルは決して貼らないようにしなければと思う次第です。

スポンサーリンク

フォローする