ミニマリストって気持ち悪いのか?

連日、ネットにてミニマリストに関しての情報収集を行っています。

何も無いスッキリした部屋の画像等を見ていると、ワクワクさせられます。

また、「物から解放された事で、貴重なモノを手に入れられた」というような話には魅かれるものがあります。

逆に、ミニマリストに対しての批判や揶揄なども沢山目にしました。

  • 宗教?
  • 意識高い系?
  • 病気?
  • 死ぬの?
  • 貧乏臭い
  • ミニマリストのくせに物を売りつけるな!
  • 経済が崩壊する!
  • アピールがうざい!
  • ドヤ顔するな!
  • 考えを押し付けるな!
  • 気持ち悪い・・・

など。

私もミニマリストへの憧れを抱きながら、そんな事をうすうす感じていました。

はっきりした言葉で示されて、やっぱりそうなんだと改めて認識させられました。

断捨離を極めて、そこから歯止めが効かずに、更に必要な物までも捨ててしまった人達がミニマリストというイメージがあります。

必要な物まで捨ててしまっている人を傍から見ると、自分にはやりたくても出来ない事をやっているので、私からは潔く見えて気持ち良いのですが。

物を減らす事に興味が無い人からすると、きっと気持ち悪い行為なのでしょうね。

私も断捨離を必死にやっていた時期に、妻からの痛い視線を感じていた覚えがあります。

かなり気持ち悪かった事でしょう。

しかし、時代の流れに沿っていけば、そのうちほとんどの人達がミニマリスト的になるのは必然のような気がします。

ミニマリストに批判的な意見を見聞きしては、「そのうちあなた達もそうなるよ」なんて想いを抱きます。

いずれにしろ、周りの意見には流されず、これからも自分が好きなように続けます。

また、妻や周りの人に迷惑を掛けたり、病的にのめり込まないようにしなければとも思わされる次第です。

スポンサーリンク

フォローする