ミニマリストに憧れるが、とてもマネ出来ないし、マネしちゃいけない。

ミニマリストに憧れる

断捨離を始めてからしばらくすると、ミニマリストに憧れるようになりました。

「極限まで物を減らしたい!」

そんな衝動に駆られる日々。

しかし、妻帯者なので、実行は出来ません。

悶々とさせられるばかり。

ミニマリストと言うより極貧だった

そんな私も、若い頃はミニマリストでした。

自分の家を持たず、バックひとつとギターを持って、知人宅に居候したり、カプセルホテルを転々としていた時期が有ります。

その当時、早くこんな生活から抜け出したいと切望していました。

あ、言い間違いました。

若い頃はミニマリストと言うより、単なる極貧人でした。

物は少ないほうが心地よい

数年間の極貧生活を経て、その後、物を買い漁るように。

すると今度は、物を持っている事って煩わしいと感じ、転じて、物を減らし始めます。

物は少なく、身軽な事が最強と思うように。

そんな思いに囚われ、家具家電を一切捨ててしまいたい衝動に駆られていました。

しかし、妻の事を思うと、そこまでは出来ません。

ミニマリストに憧れますが、マネしちゃいけない

衝動に駆られていた時期から、時が経ち、冷静になって思うのは。

「冷蔵庫、洗濯機、布団、その他諸々を捨てなくて良かった!」

という事。

もし、妻が居なかったら、何もかも捨ててしまっていたかと思います。

間違いない。

しかし、すぐに後悔して、また買いなおしていたでしょう。

極貧時代と同じような生活になっていたかと想像すると、震えてしまう。

無さ過ぎるのは辛いし止めといたほうが良い。

とか言いながら、度々、鼻息荒くなる事は無きにしも非ず。

ダメよダメよと思いつつ、気持ちが揺さぶられる事が多いので、また、何もかも捨てたい衝動に駆られないように気を付けなければ。

「ミニマリストは、憧れに留めておけ!」と、自分に言い聞かせている次第です。

タイトルとURLをコピーしました