転々と、旅するように、暮らしたい。

田舎暮らしに憧れる

コンビニが無いような、海に近い田舎で生活する事に憧れています。

田舎には良い印象しかありません。

田舎暮らしの経験が無いため、本当のところはわかりません。

想像の範囲内では、田舎暮らしは楽しいものだと思っています。

しかし、自分には無理だと半分以上諦めています。

その理由は、ある程度お金を持っていないと、田舎暮らしはキツイとの思いからです。

これも想像ですが。

せめて、実際に移住を実行した人のブログ等を覗いて妄想したりしています。

そんななか、田舎に移住したが、挫けて早々に撤退した、という若人のブログ記事を見つけました。

縁もゆかりも無い田舎暮らしに失敗して、今度もまた縁もゆかりも無い都会に移住した、という内容です。

せっかく移住したのに、残念だなとは思いつつ、自分の思うがままに、転々としている様子を垣間見ると、ワクワクを覚えます。

転々としていた日々

私も、25才頃までは、転々としていました。

現在、理想としている「身軽さ」や、思い描いている「移住」とは全く意味合いが異なる生活でしたが。

しかし、ほとんど荷物を持たない状態で流浪しており、形だけは今の理想を実践していました。

結婚しても流浪してみたい

結婚してからも、「しばらく旅に出ていいかな?」「移住してもいいかな?」と、妻に許しを請います。

冗談半分な感じで言うせいか、妻はすんなりと快諾してくれます。

たまにそうやって、「やろうと思ったらいつでも出来る!」事を確認します。

実際に行動に移す事はありませんが。

旅するように、暮らしたい

若い頃、田舎には興味がありませんでした。

しかし、興味を持った今、自分の思うがままに、田舎暮らしに踏み出す勇気が欲しいところです。

駄目だったら、さっさと引き上げればいい。

そんな、旅をする感覚で暮らす事が出来たら。

若い頃の流浪の体験が忘れられないせいか?

何かから逃れて自由になりたいのか?

私個人の気質なのか?人間としての気質なのか?

もしや、現実逃避願望か?

いずれにせよ、心の赴くままに、旅するように暮らす事に憧れます。