物を増やすより、減らす事のほうがワクワクする。

何も持っていなかった若い頃は、物が欲しいとの一心で仕事に頑張れました。

欲しい物を手に入れる事を想像するとワクワクしたものです。

今でも欲しい物はありますが、それよりも、もっと物を減らす事を想像するとワクワクします。

物を買って増やす事よりも、もっと少なく小さくしたい気持ちが大きいです。

「断捨離をやめた」後も、そんな気持ちは変わりません。

なぜそう感じるのかと考えると、物を少なくする事で、より自由な時間が確保出来るからかなと思います。

別に物を減らさなくとも自由な時間は得られるだろうとも言えますが、断捨離を始める前と、終わった後の状況を鑑みると、物が少なくなった事による効果は絶大だと感じます。

今では、普通に仕事をやるようになり、忙しくなったせいで、自由な時間を得る事を渇望しています。

そんな状況により、物を少なくする事に、またワクワクしだしたようです。