買うのは簡単、捨てるのは大変、なるべく物を取り入れないようにしたい。

買うのは簡単

物が欲しいときには、すんなり手に入れられる世の中になりました。

ネット通販だと、ポチっとするだけで、宅配便で自宅に送ってくれます。

ホームセンターでは、商品を運ぶ為に、無料で軽トラックを貸し出すサービスなんていうのもあります。

10,000円以上は送料無料!設置作業無料!なんていう売り文句があったり、とにかく販売者側が全て段取りしてくれます。

難しくても買いたい

また、手に入れたいと思うと、次から次へと障壁が立ちはだかったとしても、物を欲しがる意欲の高さが、易々と突破させてくれる事でしょう。

究極の物を例に挙げるとしたら家でしょうか。

何年も掛けて悩んでやっと購入の決断に至ります。

その後は人生の大半の時間を費やして支払する事で、やっと手に入れられる事になります。

かなり大変な労力かと思いますが、家を手に入れる為には苦労も苦労と思わないような意識が働いている事かと思います。

私は家を買った事がないので想像に過ぎませんが。

捨てるのは難しい

逆に、物を減らすときには、手に入れるときとは違った障壁が立ちはだかります。

高価な物に対しての執着心、思い出の品に対しての未練、大きい物の場合は人出が必要だったり、処分費が掛かったり、など。

物を手放すために、執着心や未練を取り払い、捨てる段取りを自ら行わなければいけません。

物を手に入れるときには喜びが、物を手放すときには痛手が伴う事かと思います。

そんな思いや、煩わしい手間や費用を掛けてわざわざ処分するぐらいなら、手元に置いていたほうが賢明だと考えがちになる事かと思います。

そうなると、自分の手元から物を減らす事は容易ではないです。

捨てるのは大変なので、もう要らない

一旦自宅に入ってきた物は、なかなか外に出す事は難しい課題となります。

そう考えると、物を溜め込まないための予防策としては、はなから物を買わない事に尽きるかと言えます。

一旦取り入れた物を手放す大変さを痛感するたびに、そう思います。