断捨離をやめたけど、まだやっている。

日課として、開脚ストレッチや筋トレを廊下で行っています。

廊下には物置があります。

その物置前でやっているわけですが、休憩の度に、物置に置かれた物が目に入る事になります。

その度に「コレは必要なのか否か?」と自動的に考えるようになっています。

時間にすればほんの数十秒~数分です。

筋トレが終わると、同時に物に関して考える事も終了します。

筋トレを始める去年の9月までは、いちいち廊下の物置きの前まで赴き、物置の前に座り込み、そこで長時間過ごしたものです。

現在、筋トレを行いつつ、その合間に断捨離作業を行う事が出来て一石二鳥です。

「コレは必要だろうか否か?」の繰り返しで、最初から物置に入っていた物の半分ぐらいは減りました。

とは言っても、スペースが空くと、そこにはまた他の場所から物が移動してくるので、また物で埋まります。

そこからまた新たに「コレは必要だろうか否か?」が始まります。

筋トレをやりつつ、同時に物の事について考えられる、廊下は神スペースとなっております。

以上の事を踏まえ、数か月前に、「断捨離をやめました」と書きましたが、ちょっと訂正させて頂きます。

断捨離をやめようと思ってみた 昨夜記事を書き終えてから、こう思ってみました。 「断捨離をやめる」 なんとも現実...

ほぼ毎日短い時間ですが、筋トレをしながら断捨離を実践している状況です。

また、休みの日なんかも、たまに要らない物探しをやります。

自分のなかでは、「断捨離はやめた」という意識が強かったのですが、日ごろの自分の行動を振り返ると、まだ断捨離をやっています。

読んで下さっている方からすれば、「断捨離やめたとか書いてるくせに、まだやってるし、意味わからんし」てな感じでしょうか?

なので、「やめた」とか「やる」とか決めなく、やりたいときにやって、興味が無くなったらやめる。

と言う感じで、イージー&ファジーで断捨離を実践していく、と訂正させて頂きます。

また、偏った方向に固着せずに、それぐらいの気軽さで行ったほうが、生活にも心にも支障をきたすことなく行えるかと思いますし、そう出来る状況にもなりました。

適度にほどほどに続けていきます。

スポンサーリンク

フォローする