一気に全捨離するのが賢明かも、そんな事が出来るのはお金持ちに限られるでしょうが。

全部捨ててしまいたい

断捨離を実践中に、捨てたいけど捨てられなかったり、必要か否か判らなかったりする場面にハマり、行き詰まる事があります。

早々に決着を付けたいところですが、それがいつまでも出来ずに悩まされてしまいます。

一旦頭から離そうとしても、度々思い出しては、悶々としてしまいます。

そうなってくると、嫌気がさしてきて、「もう全部捨ててしまいたい!」となる事があります。

何も考えずに全部捨ててしまう事が出来たら、どんなに気が楽になるのだろうかとの思いからです。

また、そんな事を繰り返していると、「結局、断捨離作業は、全部捨ててしまわない事には終わらない」と感じます。

悩まされる事に嫌気がさしながらも、それでも物を見る度に必要か否かと考えてしまう。

断捨離にのめり込んできた事により、「捨てていかなくては」という想いが、心の深いところに刻まれているようで、物を所持している限り、断捨離は延々と続きそうな気がします。

そんな事を感じると、考え悩むよりも、一旦全部捨ててしまって、気持ちをフラットに戻したほうが良いのかもと思ったりします。

ほとんど必要無いから、全部とっとと捨ててしまえ!

過去、物の事を常に考えさせられてきましたし、物を所持している事で、これからも考えさせられていく事かと思います。

引き続き、物に悩まされる事を考えると、とりあえず全部捨ててしまい、心を物から解放させてやる事で、無駄な時間の消費を削減出来て良いかもと考えます。

いままで、未練を残しつつ処分した物が多数ありましたが、後から特に何の不都合も生じませんでした。

皆無ではないですが、取るに足らないほどです。

結果的にはほとんどの物が必要無かったというわけです。

そういった経緯と、今の自分の状況を踏まえ、昔の自分にアドバイスをするとしたら、「ほとんど必要無いから、全部とっとと捨ててしまえ!」と言ってやりたいところです。

昔の自分が早々に決着を付けてくれていたら、今頃楽だったでしょうに。

アドバイスというより、昔の自分へのお願いでしょうか。

全捨離する事が賢明だったかも

一年ほど前に「全捨離」という考えを知りました。

そのときは金持ちの道楽だと思い、私には関係ない話だと思いましたが、今ではそれもアリかなと感じだしました。

とりあえず一旦全部捨ててしまう。

そうする事で、必要か否かと悩む時間を削減出来ます。

また、早々に物への囚われから解放され、次のステージへ進める事が出来るのではと推測されます。

断捨離が時間を掛けて行うのに対して、全捨離は短期間で一気に行うイメージです。

長いこと断捨離を実践してきた結果、私が今思っている事は、「結局、断捨離作業は、全部捨ててしまわない事には終わらない」です。

徐々に行うか、一気に行うかの違いはあれど、行き着く先は同じなのかなと感じています。

であれば、一気にやってしまったほうが賢明だったかなとの思いが生じた次第です。

何も解らなかったり、貧乏だと難しい

しかし、全部捨ててしまいたい感情や、捨ててしまっても問題ないとは言っても、それは今になって言える結果論です。

最初はそんな考えもなく、気付きも無く、いきなりそんな行動が出来るはずもありません。

気付きや理解や反省に時間を費やし、物と向き合う過程のなかで意識改革が生じて、やっとそのような考えにいきついたと言えます。

全捨離する事が賢明だったかなと感じはしましたが、今までの道筋を振り返ってみると、最初から全捨離は無理な話です。

また、全捨離を実践したいと思っても、一旦手放してしまうと、もう二度と手に入れられないような物は怖くて手放せないという気持ちが大きく、精神的にも経済的にも、全捨離を実践する力は持ち合わせておりませんでした。

では、もし自分がお金持ちだったら、持ち物を次から次へと処分出来ただろうか?と想像してみました。

ざっくりと考えてみると、データ保存している写真などの思い出の品と、毎日使う物以外の、お金が有ればいつでも手に入れられるような物。

例えば、衣服や趣味などで使う形有る物は、全部捨てても問題ないと、早々にそのような考えに至りました。

お金持ちだったらホイホイ捨てれた事でしょう。

ホイホイ捨てて、ホイホイ買っていた事かと思います。

しかし現実は、昔も今も貧乏真っ只中です。

勿体ないと思って捨てられずにもがいている自分がいます。

お金持ちだったら、ストレスを溜めることもなく、早々に全捨離を完了させられた事でしょう。

そこに、私がいままで経験してきたような、物と向き合い、考えさせられるという事は無いのかなと想像します。

それが良いのか悪いのかわかりませんが、そんな事を考えていると、断捨離をサクサクと進める方法は、お金持ちになる事ですかね。

お金持ちだったら物に思い悩まされる事は無さそうだから、目指せお金持ち!といきたいものです。

結論としては、やはり全捨離は、お金持ちの発想で、お金持ちしか実践出来ない方法なので、私が出来る事ではないと思い知らされました。

結局は断捨離をコツコツ続ける

最近、行き着くところは一緒なんだから、早々に捨ててしまったほうが良いのかなとモヤモヤしていたところです。

ならば、全捨離に習って、一気に片付ける方法が有効だと思いました。

しかし、残念ながら、私は全捨離を実践出来る経済力を持ち合わせておりませんでした。

ちょっと長くなってしまいましたが、短くまとめますと、結局、全部捨てない事には断捨離は終わらないけれど、私は貧乏ですぐに全部は捨てられないので、これからもコツコツと断捨離を続けていきます。

道半ばでそんな事をモヤモヤと考えさせられ、長々と時間を奪われましたが、結局振出に戻った次第でした。

残念!

スポンサーリンク

フォローする