写真や卒業アルバムなどの、思い出の品を処分したときの話。

思い出の物はハードルが高い

思い出の品と決別するのはハードルが高いです。

写真、卒業アルバム、卒業証書、生徒手帳、手紙、本、雑貨、など。

私もそれらを捨てられないでいました。

捨てられないと思い込んでいた

思い出の品を捨てるのには時間が掛かりました。

捨てられないと思い込んでいた節がありました。

思い出の品に対しては、必要か否か?、捨てるか否か?、と考えるまでもなく、当然必要!と思い込んでいました。

しかし、単に、「捨てる」という作業を実践していた頃から、「断捨離」という教えを知ってから、その思い込みが解けました。

コレ、もしかして、捨てても問題ないんじゃない?

と考えられるようになりました。

捨てられると気付いて作業を開始する

もう手に入れられないであろうと思う本を、少しだけ持っていました。

それを、「捨てる!」との気持ちが決定的になったのは、スキャナーを購入してからです。

妻の本を自炊するためにスキャナーを購入したのですが、自分の本もスキャンしたくなりました。

その後には、写真やコンサートの半券など、スキャン出来る物は手当たり次第にスキャンしていきました。

捨てられないという思い込みが解けて、更にスキャナー購入は良いきっかけになりました。

それは捨てちゃダメなやつじゃ?と思われる、卒業アルバムや卒業証書などもスキャンの対象になりました。

また、それらの電子化を完了させるまでには時間が掛かりました。

アルバムやその他諸々は実家にあったので、即決行というわけにはいきませんでした。

その為、冷静に考える時間がありました。

しかし、捨てられると気付くと、早く処分してしまいたいとの気持ちが逸るばかりです。

じらされた期間が長かったせいか、勢いを付ける事が出来ました。

思い出の品でも一度手を付けてしまえば、次々と処理作業を進める事が出来ました。

思い出の物を捨てる事は、最初から出来るものではない

思い出の品を捨てるなんて、かなりハードルが高い事かと思います。

手軽な物から捨てていき、それを何度も繰り返し、徐々に物への執着心を取り払い、やっと手を付けられる領域。

思い出の品は最後に出てくるラスボスです。

ラスボスを手放す事が出来た暁には、もう何でも手放せるような気がします。

しかし、断捨離の教えに感化され過ぎて、「捨ててしまって失敗!」、なんて事にはならないように気を付けなければとも思います。

そもそも、捨てる必要は無いわけですから。

必要な物を捨ててステージを上り詰めたところで、虚無感に苛まれるかもしれません。

大事な物の判断は慎重にしていきたいところです。

思い出の物を捨てても後悔しない?

私は、写真、卒業アルバム、卒業証書、生徒手帳、お土産品、プレゼント、本、などの思い出の品は捨ててしまいました。

捨てた事で全く後悔はありません。

しかし、そんな思い出の品の中で、「後悔するかも」との想いで捨てられない物があります。

それは手紙です。

とりあえず全部スキャンしましたが、いまのところ捨てられません。

捨てても困る事は無いでしょうが、捨ててしまった事には後悔しそうです。

よって、手紙は今のところ捨てるつもりはありません。

物の形が変化しただけ

後で気付きましたが、写真などのスキャン出来る物は「捨ててしまった」と言うより、「形を変えた」、と言ったほうが大正解かなと。

私の思い出の品は、紙という媒体から、電子?という媒体に変化しただけ。

実のところ、思い出の品は捨てておらず、形を変えて今でも持っていると言えます。

そう気付くと、現物を捨ててしまうのは更に簡単になりました。

もし、スキャンが出来なかったとしたら、今だに現物を捨てられずに持っていたと思います。

そう思うと、デジタル家電さま様です。

これからも捨てていく

最初、思い出の品は捨てられませんでした。

それを思い返すと、思い出の品はやっかいな事になりかねないので、もう増やさないようにしたいと思う次第です。

また、もう弾いていないギターや、乗ってない自転車なんかは、完全に思い出の品の領域に入りつつあります。

最近、それらをどうするべきかと考えさせられます。

良い機会なので、たまには自転車に乗ったり、ギターを弾きつつ、実際に使ってみて、どうするべきか探っていきます。

そのまま趣味を復活させるというのもアリかもしれません。