必須だと思っていた、冠婚葬祭時専用の黒いパンツをやめる。

冠婚葬祭用の服

冠婚葬祭用に礼服とスーツを1着ずつ持っています。

他に冠婚葬祭用として、

  • 靴2足
  • 靴下2足
  • ワイシャツ2枚
  • ネクタイ4本
  • ベルト2本
  • パンツ1枚

を持っています。

以上の物は、年に1回も使わない事のほうが多いです。

しかし、捨てられない物です。

葬式のときは黒だと刷り込まれる

独り身であれば、結構いい加減に考えていたと思います。

が、妻の親族の前に、適当な格好をして出られないとの想いから、冠婚葬祭用の服類は捨てられないでいます。

また、常識を持ち合わせていなかった若い頃、しっかり者の弟から、葬式のときには、黒い靴下と、黒いパンツを履くようにと指導されました。

そのため、葬式のとき専用の、黒い靴下と黒いパンツを1セット持っています。

しかし、1年も2年も使われる事なく、引き出しの中でずっと待機状態が続いています。

パンツが無くなったので、冠婚葬祭用のパンツが有る事を思い出す

先日、パンツが破れて、まともに履けるのは、残り1枚となりました。

買いに行くのが面倒くさいので、しばらく我慢して破れたパンツを履く事に。

そこに、冠婚葬祭用の黒いパンツが引き出しの中に眠っている事を思い出しました。

思い込みにより、手がつかなかった

黒いパンツと靴下は、葬式用として持っていなくちゃいけない物だと思い込んでいました。

その為、その物について今まで全く考える事をしませんでした。

しかし、そう言えば、なんでわざわざ黒いパンツと靴下を持っていなくちゃいけないんだ?

パンツが破れてあと1枚しか履けるものが無いのに。

それでも黒パンツは履いちゃいけないものか!?

そんなアホな疑問が湧いてきました。

パンツなんて外から見えませんし、葬式のときにパンツの色をチェックされる訳でもないでしょうに。

気持ちの問題と言うのであれば解らなくもないですが。

そんな事を考えていると、素直に弟の言う事に従っていましたが、今更疑問が生じてきた次第です。

黒いパンツを普段履きにする

ネットで「葬式 下着 黒」で検索してみました。

すると、「下着にマナーは無いが、派手な色は避けましょう」という見解が多かったです。

黒色以外でも、マナー的には問題無さそうだったので、葬式専用に黒いパンツを所有するのをやめる事にします。

破れたパンツは捨てて、黒いパンツを普段履きにします。

小さい物ですが、使わない物が1つ無くなってスッキリしました。

その他のワイシャツ、靴、靴下、ベルト、ネクタイも減らそうと思ったら減らせそうです。

今は断捨離熱が低くて、考えるのが面倒なので、手を付ける気がしません。

次の機会が訪れたときにじっくり考えたいと思います。