「夢」や「やりたい事」が無いと辛いので、小さな事から始めてみる。

「夢」や「やりたい事」が無いと、「辛くないだろうか?」と思っていた頃

10~20代の頃は夢を持って生きていました。

ギタリストになりたいと思っていました。

学校を卒業してからは、様々なバイトをして食いつなぎながら、ギタリストの座を狙っていました。

ライブハウスでバイトをしていたときには、他の人達も音楽家志望の人達ばかりでした。

そんななか、特にやりたい事もなく、生活するだけのために働いているという人を見ると、不思議に思ったものです。

「それで楽しいのだろうか?」

「辛くないだろうか?」

「俺はやりたい事があって良かった」

そんなふうに感じたものです。

ずっと貧乏だったので、音楽を辞めてからは、物欲を満たす事に熱心になりました。

物欲もある程度満たした後、今はと言うと、「夢」や「やりたい事」もなく、ただ生きていくだけのために働いて生活しています。

私が若い頃、好奇の目で見ていた人と、今の自分が重なります。

それで楽しいのだろうか? → 楽しくない。

辛くないだろうか? → ちょっと辛い。

俺はやりたい事があって良かった。 → 俺もやりたい事が欲しい。

以上、自分がそうなって、答えがわかりました。

心を熱くさせるものが無いので、小さな事から始めてみる

現在、特に、「夢」や「やりたい事」もありません。

正確に言うと、無いことはないのですが、その為に心が燃えるような事はありません。

一生懸命になれません。

もう何年も脱力した状態です。

残りの人生を、淡々と消化するのと考えています。

体力が落ちて気力が湧かなかったり、年齢からすると、飽きたという事もあるかもしれません。

しょうがないと言えばしょうがないかも。

しかし、そんな状況では、本当につまらない日々です。

という事で、大きな夢を持とうなんて事は私には無理なので(決めつける事はないですが!)、そんな事を考えず、ちょっとした小さな「やりたい事」をチビチビと実現させていこうと思い、行動に移していこうと考えています。

例えば、スモールハウスに興味があったので、ヒヤシンスハウスを見に行ったり。

「いつか行ってみたい」と思っている場所に行ってみよう! という事で、建築家&詩人の立原道造さんが設計した、ヒヤシンスハウス(風...

また、漠然と、離島に移住したいと思っているので、思うだけじゃなく、移住するにあたって、実際に掛かる費用、仕事の事、地図を見て、場所はどこらへんが良いか。

など、見積もりしてみたり。

スモールハウスを建てたり、移住したいと漠然と思う事はありますが、心は燃えません。

しかし、スモールハウスを実際に見たり、移住の算段をしていると、そこから心に火が付き、次のステージに発展していくかもしれません。

考えたり行動する事で、とりあえず、気分はワクワクするので、無駄にはなっていないかと思います。

そういう小さな行動から、想いが大きく膨らんで、夢や希望を抱く事へ繋がればと目論んでいます。

スポンサーリンク

フォローする