腰が悪くなったので、アウトドアチェアを常用する事を止めました。

約、2年と4か月間、アウトドアチェアを常用していました。

そのせいで腰が・・・

という訳で、普通のオフィスチェアに替えました。

去年の5月からアウトドアチェアを使っています。 アウトドアチェアを使いだしてしばらくすると「姿勢が悪くなっている?」と感じるように。 ...

アウトドアチェアをやめてオフィスチェアに替えた理由

普通の椅子だと、座る部分は平面で、背もたれは、腰をサポートする形状になっています。

アウトドアチェア

アウトドアチェアの場合、座る部分と背もたれの素材が布のため、窪んでしまいます。

窪んでしまうため、背中が丸まった状態になってしまい、姿勢を良好な状態に保てません。

アウトドアチェア

そんな状態を解消するために、枕を背もたれ部分に置いて、背骨がS字を描くようにしていました。

ずっと枕を背もたれ部分に置いていましたが、2~3か月前からは画像の黄色いビーズクッションに変更しました。

アウトドアチェア

このビーズクッションに替えたのがまずかったようで、完全に腰を悪くしてしまいました。

枕に比べるとかなり柔らかいので、その柔らかさにより、背骨をぐにゃぐにゃにされた感覚です。

身軽に生きていくためには、健康な体は必須です。

この際、アウトドアチェアを常用する事に見切りをつけて、普通のオフィスチェアに買い換える事にしました。

その前に、昔みたいに、床に直に座る生活に戻ろうかとも思いました。

大きな椅子が無くなれば部屋もスッキリするし。

しかし、そうすると、他の家具(机)の見直しを考えなくてはいけなくなり、お金も手間も掛かるので、結局、椅子を買い換える事に。

銀マットも腰に悪かった

また、記事を書いていて思い出しましたが、敷き布団の代わりに、銀マットで寝るのも止めています。

やはり腰に悪いです。

若ければ大丈夫だったかもしれませんが、もう若くないので、自分の年齢に合った物を選ばなければいけませんね。

最近、敷布団の代わりに、銀マットで寝ています。 銀マットで寝ていたら、腰が痛くなってしまいました。 敷き布団を捨てる...
スポンサーリンク

フォローする