物欲地獄から抜け出して、自分の時間を取り戻す。

釣り道具の断捨離

昨夜、釣り道具の断捨離を行いました。

台風が接近しており、「釣りに行けないなー」とか思うと、妙に道具を触りたくなります。

触っているうちに、「あれ?これ要らないんじゃ?」の思いが何度も押し寄せ、そのまま釣り道具の断捨離作業へと突入しました。

竿、リール、バッグ等のメインになる大きな道具は、既に断捨離済です。

その他の針や錘などの小物類は、嵩が小さく、一番小さい物だと、米粒よりも更に小さいです。

そういった小さい物はスルーしていたり、見落としていたりしていたので、いい機会なので厳選して、と言うより、使わない物が多数有ったので捨てました。

数にすると、100~150個ぐらいですが、嵩が小さいので、スペース的には大して空きません。

が、要らない物を捨てられたという事で、気分スッキリです。

好きな物は捨てなくて良かった

しかし、断捨離を初めてからというもの、ミニマリストという存在を知り、持ち物を全て捨てたい衝動に駆られた時期がしばらく続きましたが、釣り道具は捨てなくて良かったです。

釣り道具を捨てていたら、もう楽しめませんでしたし、また、買いなおしていたと思います。

物から事へ変化した

新しい道具を手に入れる事を止めて、道具は断捨離して必要最低限だけ残し、道具選びの時間や、道具の購入費用を削減して、その代わり、魚の釣り方や、魚の捌き方を勉強したり、そして何より、実際に釣りに行く回数が増えました。

比率で言うと、

道具選びに掛けた時間:釣りに行った時間=9.5:0.5

から、

道具選びに掛けた時間:釣りに行った時間=0.5:9.5

ぐらいに変化しました。

物欲地獄から抜け出す事で、本来の目的を果たせるようになった

道具を選ぶ事は楽しかったり、必要不可欠でもあります。

故に、行き過ぎてしまった物欲地獄ですが、そこから抜け出せた事で、本来の目的をやっと果たせるようになりました。

すっかり釣り道具の数が減ってしまいましたが、少ない道具でも充分楽しめています。

道具を楽しむ事から、釣りを楽しむ事へと変化して、やっと自分の時間を取り戻せたという事を、最近、ひしひしと実感します。

スポンサーリンク

フォローする