「物欲」と「事欲」を比べると、「物欲」のほうが強者だった。勤労意欲を喚起する方法は、結局、「物欲」しかないのか?

勤労意欲が湧かない

四六時中、勤労意欲が湧きません。

出来るだけ仕事をやりたくない想いで一杯です。

かと言って、働かない事には干上がってしまうので、「頑張って稼がなければ!」と、自分で自分に喝を入れています。

が、稼いで余裕が出来たら、また仕事を休んで、の繰り返しです。

その繰り返しで、お金がぜんぜん貯まりません。

妻からは内心、「もっと働いて欲しい」と思われているのでしょうが、何も言われません。

自分で自分を律するしかありません。

こんな事、何回書いている事やら・・・

物を買うより、時間を買っている

自分自身の勤労意欲の低さに悲観的になってしまいます。

しかし、昔は一生懸命働いて物を買っていたが、今は時間を買っていると考えてみると、いくらかそんな気持ちも収まります。

とは言っても、なかなか継続的に働けない自分自身に対して、焦りを感じます。

「事」より「物」に対してのほうがウキウキ度が高い

たまに働いて、いくらかお金が入ってくると思うと、少し嬉しくなります。

いつもはそこで終わりです。

実験的に、そのお金で「何か買おうかな!?」と思って物欲を煽ってみたら、少しウキウキしました。

ウキウキした瞬間に、更に、「よしまた仕事頑張るぞ!」と素直に思えました。

しかし、特に必要な物は無いし、また物欲に溺れて、元の木阿弥になる事は避けたいところです。

物欲からくるやる気には踊らされたくないところです。

「物欲」と「事欲」を比べると、「物欲」のほうが強かった

「何かを買おう!?」と考えたときに、ウキウキしてしまう気持ちが生じます。

しかし、物欲にまみれた生活から脱したいと思い、断捨離を実践してきて、やっと落ち着いてきたところで、また以前のような物欲に溺れるような生活には戻りたくありません。

ならば、物ではなく、例えば、小笠原諸島へ大物釣りへ行く事を目指してウキウキ出来ないだろうか?

例えば、四万十川の綺麗な水を見に行く事を目指してウキウキ出来ないだろうか?

例えば、自転車で日本一周する事を目指してウキウキ出来ないだろうか?

と考えてみると、少しはウキウキします。

しかし、ウキウキはしますが、その「事欲」(物欲に対して、形のないモノや行動に対しての欲と解釈して下さい)の為に頑張って稼ごうとは思えません。

ユーチューブを見て疑似体験出来ますし。(そんな訳でネット依存してしまうのでしょうが)

そんな「事欲」を実現するために仕事するよりも、働かずに、家で過ごしていたいという欲のほうが勝ってしまいます。

最近、自問自答して、自分の心の動きを検証していたのですが、結局、自分自身にとっては、やはり「物欲」が勤労意欲に繋がる最大の動力源だなとの想いが強くなりました。

事を成すためには、多かれ少なかれ、まず、「物」が必要という事もありますし。

勤労意欲を喚起する方法は、結局、物欲しかないのか?

物欲が無くなり、すっかし勤労意欲を失ってしまいました。

失ってしまった勤労意欲を喚起するには、物欲を強くする事が手っ取り早いと言うか、最大の有効手段だなと、今のところ、そう結論付けました。

しかし、何度も言いますが、また物欲に振り回されるのは嫌です。

物欲に頼らずに、勤労意欲を喚起する方法はないものか?

「勤労意欲を喚起する方法は、結局、物欲しかないのか?」なんてタイトルを付けたのならば、最後にはその答えを導き出さなければいけないのでしょうが、すいませんが、答えは今のところ見つけられません。

物欲と事欲を比べてみると、勤労意欲を喚起する目的では、物欲を利用したほうが良いと実感しましたが、その他に方法が無いものか、引き続き探っていきます。