【断捨離】多くを欲しがらないようになってからは、楽に生きられるようになったと感じます。

稼ぐ事に必死だった

断捨離を実践してきた結果、昔に比べると、遥かに少ないお金で生活出来るようになりました。

昔は、お金を稼ぐ事に必死でした。

欲しい物が沢山ありましたから。

一例ですが、若い頃、高価なビンテージバイクを持っていました。

毎月のローン返済、駐車場代、修理代等のメンテナンス代。

また、いたずらや盗難に対しての心労で大変でした。

物を守る為に、人生を消耗しておりました。

忠告が耳に入らない

当時、仕事上で付き合いのある、50歳ぐらいのおじさんから言われた言葉。

「そんな物はお金に余裕が有る金持ちが買う物だ、将来の為に貯金しろ」

と、説教されました。

「そうですね・・・」と返事するしかなく。

心の中では、「ほっといて、お金はどんどん稼ぐし・・・」

と、シカトしていました。

そんな話には聞く耳持たずで、40歳ぐらいまでは物に心囚われていた生活でした。

忠告の意味を理解する

おじさんは、それまでの経験により、思うところがあり、アドバイスしてくれたのでしょう。

しかし、若い私には、全く心に響かず、余計なお世話だと感じた。

「煩いな~」と思うばかり。

 

月日は流れて、私も50歳近くになりました。

現在、私に忠告してくれた、あの時のおじさんと同意見となりました。

当時の事を思いだし、人に煩がれる事を、あえて言ってくれたおじさんに、今更ですが感謝。

私も、おじさんに見習って、身近で物に囚われている人でも居たら、お説教の一つでもしてやりたいところです。

が、実際には、そんな事を言うのは、はばかれます。

多くを欲しがらなければ、楽に生きられる

私は、あくせく働くより、のんびり暮らしたいという思いで、断捨離に活路を求めて実践しております。

実践した結果、時間に追われるような生活からは解放されました。

なので、忙しそうにしている人を見ると、もっと楽に生きれる方法が有るよ、と、教えたいところ。

しかし、のんびり暮らすのが嫌な人も居ると思います。

あくせく働かざるを得ない場合もあでしょう。

また、物を欲しいと思う気持ちは働く原動力になります。

そんな時代が糧となって、将来の自分が作られるのかもしれません。

各々により、正解は異なるでしょう。

しかし、多くを欲しがらなければ、楽に生きられる。

これは間違い無い。

若い時、そこに早いところ気が付いて、実践していたら良かったと思う。

後悔先に立たず。

タイトルとURLをコピーしました