いろいろ断捨離して、最底辺になって思う事。

断捨離して、持ち物を全て捨ててしまい、もう何も持っていない。

と、そこまでは行っていませんが、自分の中では、物を手放すのは、ここらへんで充分かなと思えるところまでは辿りつきました。

自分が出来る範囲内で、充分身軽になりました。

欲しい物が無いので、稼ぐ事にも興味が無くなり、ほとんどの仕事も断捨離してしまいました。

更に、周りからの雑音もなるべく遮断(情報断捨離)していると、心も軽くなりました。

日本のカースト制度

最近、「日本のカースト制度」について書かれた記事を読んで考えさせられました。

カースト制度

インドの社会的身分制度事情を伺うと、なんとも嫌な気持ちにさせられます。

また、「日本の事でなくて良かった・・・」

なんて安堵します。

が、それは物事を知らなすぎる。

日本にも、見えないカースト制度が存在している。

なんていう記事内容でした。

確かに。

解っていますが、どうでもいいと思っていました。

勝手に妄想して、そちらで勝手にやってくれと思っていました。

しかし、そう言う自分も、人に対して優劣を付ける事は否めない。

自分は最底辺層

日本のカースト制度の中で、自分はどの位置に存在するのか確認してみました。

確認するまでもなく、案の定、底辺層の中でも最底辺でした。

底辺

自分の生活ぶりを、ハッキリと「底辺」と定義され、更に、そこに差別的な考えを乗っけられると、嫌な気持ちにさせられます。

そこでこう考えます。

「上の階級を目指して頑張る!?」

しかし、頑張ったところで、たかが知れています。

ムムム・・・

ちょっと前ならスルーしていた事柄でしょうが。

じっくりと、「日本のカースト制度」なる記事を読んでしまったがために、モヤモヤした気持ちが始まってしまいました。

「捨てたい」と思う気持ちが薄れてきたせいか?

なるべく働かなくて良いように、なるべくお金が掛からない生活を目指していたので、最底辺層になるべくしてなったと言うか、目標としていた地位を得たと言っても過言ではありません。

現在、理想の生活を得ているわけです。

しかし、また、外圧?に惑わされている自分が居ます。

「要らない!」「捨てたい!」「欲しくない!」

と、そんな一途な想いが薄れてきたせいでしょうか。

原点回帰

そんな事を考えていると、原点回帰が必要かな?と感じます。

原点回帰=基本に立ち返ること。初心に立ち戻ること。そもそもの事の起こりに再び忠実になること。

周りに惑わされずに、本当は何がやりたいのか?、何を望んでいるのか?、本当の本当に手に入れたいものは?

この歳になって、やりたい事や欲しいモノなんて、そうそう思い浮かばないわけですが。

しかしそんな事を考えさせられます。

堂々巡りする

持っていないときは欲しがり、持っているときは手放したくなり、また持たなくなると・・・

と。

また、心が揺れています。

断捨離を始める前から底辺層でしたが、断捨離後は更に下のランクに移動しました。

そんな事は気にせずに、気持ちを一貫して継続する事が出来れば、無駄に堂々巡りをする事もないのでしょうが。

それとも、モヤモヤする気持ちというのは、物や事に対しての決着がひと段落した事により、次のステージへ移行した事により湧き出る感情、というふうに考えればいいのか。

なんて事を感じています。

単に堂々巡りなのか、次へのステージへ進んだのか?

それは自分次第でどうにでもなるのでしょうが。

いろいろ断捨離して、最底辺になって思う事

断捨離している真っ最中と比較すると、また、「欲しい」という気持ちが少し出てきました。

が、それは「物」に対してではありません。

以前にも書きましたが、親族に会う機会を増やしたいというような「事」です。

しかし、底辺層の更に最底辺に居ると、それはなかなか難しい事です。

お金が必要ですから。

それを実感すると、もう少し仕事に頑張らなくてはという気持が湧きます。

昔は思うだけで、実行に移す事が難しかったりしたわけですが、断捨離も終わり、最底辺になったところで、気持ちに火が付けられたような気がします。

いまのところ、種火程度ですが。

とりあえず、少しでも前向きに上を向いて行こうというような気持になっている事は確かです。