服を断捨離しすぎた男の末路。

寒くなりました。

寒くなったので、半袖シャツから長袖シャツを着るようになりました。

その長袖シャツですが、1枚しか持っていません。

外出時は、常にそのシャツを着る事になります。

連日外出するとなると、洗う事が出来ません。

最近は外に出る機会が多くなりました。

という事で、しばらく洗えていません。

帰宅してから、シャツをハンガーに掛ける際、気になって襟元を確認すると、案の定、汚れていました。

また、自分では気付かないですが、もしかして臭いを振りまいているかも!?

そう思い、自分自身を客観視してみると、「断捨離しすぎた男の末路」という、ただならぬ雰囲気を自分自身に感じてゾッとしました。

「末路=なれのはて」

シャツが一枚しかないので、出掛ける時に着るシャツに悩むという事は皆無です。

シャツだけに限りません。

ズボンと靴は複数持っていますが、色が違うだけで、どれも同じ形をしています。

これもほぼ迷う事はありません。

毎日同じ服を着てても、毎回同じ人に会う事はないので、全く問題ありません。

ほんと楽で良いです。

ただ、汚れや臭いには要注意です。

毎日同じ服を着ているわけですから、せめて「なれのはて感」を醸し出さないように気を付けなければ。

大変でも毎日洗うか、せめてもう1着増やさなければいけませんね。