やっぱり物は要らないけれど、身軽さに縛られる事は避けていこう。

やっぱり物は要らない

労働意欲が湧かない日々です。

そんな状態から脱するために、物欲を喚起する事で、労働意欲を取り戻せるのではないかと考えていました。

物欲を刺激してやると、意欲がグッと上がりますからね。

しかし、実際に、物を買う事を目標にしてみても、ぜんぜん真剣になれない。

物を所有して、身動きが取り辛くなる事を考えると、「やはり物は要らない」、との考えに行きつきます。

身軽さに固執する事は避けよう

物を持てば持つほど、身軽さが損なわれていく。

そう感じています。

よって、身軽さを維持するためにも、物をなるべく持たないようにしなければという考えに固執している自分が居ます。

逆に、それはそれで身軽さを損なっているのかも。

また、そんな考えに引っ張られ、様々な事に弊害をもたらしてる事も事実。

身軽さを手に入れる為には、ある程度までは、固執してでも精進しなければいけないもの。

しかし、充分身軽になったのであれば、もうそれ以上、執拗に追い求める事は、自分で自分の首を絞めるのではないか。

身軽さを追及するばかりに、逆に身軽さを損なっているのではないか。

拘らずに自由でいこう

拘り過ぎる事により、不自由を強いられるようであれば考えものです。

やっぱり物は要らないとは言いましたが、必要であれば手に入れれば良いという考えも必要。

そうする事で、結果的に、もっと身軽さを手に入れられるのかも。

今までの自分は、必要以上に持たない事による身軽さに執着していたせいで、自分自身をがんじがらめにしていました。

身軽さを求めるばかり、なるべく働きたくないという考えに囚われています。

物欲を喚起させる以前に、そのような囚われた考えから解放させてやる事。

働く事で気持ちが軽くなるようであれば、素直に働けるようにしてやる事。

もっと柔軟に自由に考えて行動して良いんじゃない。

ベースは身軽でいきたい

あくまでもベースは身軽でいきたい。

その為に拘る事は必要ではあるが、それに縛られて身動きがやり辛くなってしまっては本末転倒。

いい加減(バランス)を心掛けたいものです。