物を捨てる快感から解放されたので、もう捨てなくても大丈になった。

捨てる事に快感を覚える

断捨離を実践している人は身に覚えが有ると思います。

「捨てる事で快感を得る」という感覚。

当然、私にもありました。

「断捨離終わった」、と思ったところで、その後も捨てる物を探してソワソワしている自分がいました。

脳が快感を求めて、次の獲物を必死に探していたという状況かと思います。

捨て作業を何度も繰り返す

断捨離の捨て作業は何時まで経ってもなかなか終わりません。

「断捨離終了した!」と思ったところで、更に要らない物が出てきます。

要らない物が出てくると言うより、快感を得るために、要らない物をでっち上げる作業に必死になります。

断捨離終わったと言いながら、その後も幾度となく捨て作業を繰り返してきました。

物を捨てる事で快感が生じないのであれば、「これでOK!」と思ったところで、終了となるはずです。

快感でもなければ、もうそれ以上、今まで気にも留めなかった物達に興味を示すなんて無駄な事はしないはず。

捨てるのは中毒性のある作業

物を捨てるというのは、なんとも甘美な作業です。

砂糖に中毒性が有るのと同じように、「捨てる」作業にも中毒性があります。

捨てる事を一旦始めてしまうと、その後も求めて止まなくなります。

砂糖中毒の場合は、我慢して我慢して我慢して、快感を忘れる事が出来たときに、やっと抜け出す事が出来ます。

断捨離も同じように、捨てる作業から離れる事で、「捨てたい」という欲求から解放されます。

捨てる快感から解放された

現在、もう捨てる物が無くなってしまいました。

それでもしばらくは要らない物を探す自分がいました。

しかし、いくら探しても捨てられる物はありません。

それでもしつこく、何度も何度も物色しますが、やはり捨てられるような物は出てきません。

捨てられる物が無いので、快感を得る事が出来ず、しばらくそんな状態が続くと、次第に捨てたい欲求も収まってきました。

よって、とうとう要らない物を探す事も皆無となりました。

皆無となったところで、捨てる快感から解放されたという事に気付かされました。

解放されたので、もう捨てない

ここでまた何かを捨てるような状況が訪れると、ぶり返す羽目になりかねません。

無駄な物がまだまだ存在しているようであれば、素直に快感を求めていくのはアリだと思いますが。

私の場合は、もう充分減らせました。

ベストな状態です。

それに、もう、物に振り回されたくない。

よって、これ以上、捨てる事を考えるのは控えて、残った物達を大事にしていく方向へシフトしていこうと思う次第です。

スポンサーリンク

フォローする