物が無いと辛い季節がやってきたが、それでも持たない暮らしを優先しよう。

最近、掃除が疎かになっていました。

という事で、今朝、起きたら早々に、やる気満々で部屋の掃除を開始。

窓を開け放って、万年床を上げ、掃除機を掛けました。

掃除機は、ハンディータイプのサイクロン掃除機を使っています。

安物なので、途中でフィルターが詰まってしまい、ゴミを吸わなくなってしまいました。

途中で箒に切り替え、なんとか掃除完了。

ほうき

物を持つ事によるメリットとデメリット

物が少ないと、掃除はやりやすいです。

いつもは、窓を開け放ち、箒やモップを使って掃除をしています。

が、寒いこの時期、いつまでも窓を開け放ち続けるのは辛い。

箒掛けをやってしまうと、いつまでも窓を閉められない。

という事で、寒いと掃除も疎かになりがちに。

そんな訳で、普段は使わないハンディークリナーを使いました。

途中で使えなくなってしまいましたが、少しは助かりました。

物を持っている事のメリットを感じました。

ハンディークリーナー

また、捨てた物が恋しくなる時期でもあります。

そう、「こたつ」が恋しい。

こたつ

こたつを二つ持っていましたが、二つとも捨て、こたつ布団も捨てました。

また、カーペットも捨てました。

床はビニールクロス張りですが、とにかく冷たい。

こう寒いと、物が無い事のデメリットをヒシヒシと感じます。

それでも少ない物で過ごす事を優先しよう

時期により、物を持つ事のメリットとデメリットが入れ替わります。

こうなるとは解っていましたが、気温が暖かい間は、「どうにかなるだろ」とか考えてしまいます。

もう、こたつもこたつ布団もカーペットもありません。

オフィスチェアを使っているので、傷防止のため、椅子の下に1畳ほどのカーペットを敷いています。

現在、そこだけが唯一落ち着ける場所になっています。

何とも寒々しい部屋です。

とは言え、温かくなると、大きなカーペットや、フカフカのこたつ布団なんて物は、なんとも疎ましい存在となります。

それを考えると、ここはグッと我慢しておこう。

ストーブがあるし、普段は使わないけれど、いざとなればエアコンもあるし。

暖房器具が無ければ凍死するような極寒地域に住んでいるわけじゃあるまいし。

物を持たない暮らしには厳しい季節がやってきましたが、今ある物を使って、快適に過ごす事を考えていきたいと思います。