【断捨離】迷ったら捨てるは大正解。

手放すべきか否か?

と、散々悩まされた物がいくつかありました。

数年間悩み続けて、今年の夏にやっと手放した自転車なんかはそのうちの一つです。

自転車 身軽でいきたい

ブログ記事にも、手放すべきか否か?と、ウダウダと書いていました。

やっと手放してから、3ヶ月以上経ちましたが、これまでの間、未練も後悔も生じていません。

ふとしたときに、「そう言えば自転車あったな」と思うぐらい。

あれだけ悩んできたのに。

「要る?要らない?」なんて、悩まされる事も一切無くなっています。

自転車を手放してから、他に、「手放すべきか否か?」と、悩まされるような物は、今のところ無い状態となりました。

物に悩まされるような状況が無くなった今、「迷って悩むぐらいだったら、とっとと手放しておけば良かった」なんて事を思います。

今更ですが。

悩む

まぁ、そうは言っても、実際にはなかなか簡単に出来る事ではないです。

優柔不断で、モタモタしてしまいます。

しかし!

妻が捨てるへきか否かと悩んでいるときにはこうアドバイスします。

「迷うぐらいならとっとと捨ててしまえ!」

と。

もう何年も使っていない化粧品なんて、これから先に使う事は無いでしょうに。

そんな物にいつまでも悩まされて時間を割かれるのは時間の無駄です。

化粧品

傍から見るとそう思い、簡単に答えを出す事が出来るのですが。

当の本人は、なかなか簡単に決断出来ないんですよね。

気持は解りますし、自分自身もそうです。

現在、そんな状態から少し進歩して、一つハッキリと言えるようになったのは、「迷ったら捨てる」は大正解だったなという事。

迷うような物は、その時点でもう必要ないという事。

悩んだとて、徒労に終わる。

これからまた無駄な時間を費やさないするためにも、忘れないようにしたいものです。