【断捨離】3個有れば便利だが、出来れば1個に収めたい。

昔から「3」という数字が好きです。

また、何事にも「3」を取り入れております。

3人だったり、3個だったり、3番だったり。

物も「3」個有れば有りがたいと思います。

例えば、鍋やフライパンは(大)、(中)、(小)あれば料理が捗ります。

パソコンは、デスクトップパソコン(大)、ノートパソコン(中)、タブレット(小)が有ればさまざまなシーンに合わせて選択する事が出来ます。

乗り物は、車、バイク、自転車の3種類があれば用途に合わせて使い分け出来てかなり便利です。

しかし、例外として、日頃使う日用品などには、この「3」を当てはめたくありません。

例えば、鍋やフライパンは3個づつなんて持ちたくない。

大は小を兼ねるで、大を1個で済ませたいところ。

でも、大1個だと、非効率だったり、不便さも伴ってきます。

妻も使う物だと、1個だけでは難しく、尚更3の法則は有効性が増してきます。

「2」で丸く収まる事も多いですが、いろいろ考えた結果として、やはり「3」は私のなかで揺るぎなく、基本になる数字だなという思いです。

が、出来れば1個で収められないか?としつこく考える日々です。