2017年は断捨離が終わった年。

冬

今朝、起きたとき、吐く息が白かった。

室度は11度。

12月に入り、いよいよ寒くなり、そろそろ今年が終わる事を実感します。

ざっと1年を振り返ってみると、あまり良い事は無かった。

  • 結構大きな事件があった
  • お金が貯まらなかった
  • 望む事が全然叶えられていない

大きな事件がありましたが、結局は事無きを得ました。

お金が貯まらなかったが、それはいつもの事。

望む事が全然叶えられなかったのも、いつもの事。

結局、特に変化の無い年でした。

ただ一つ、取り立てて言える事が。

それは、「断捨離が終わった」という事。

ゴミ箱

これから数年経って過去を思い返した時に、「断捨離が終わったのは2017年だった」

そんな事が言える年となりました。

過去に何度も断捨離は終わったと感じてきました。

しかし、現在の心持が、その時とは全然違う事で、「断捨離は2017年に終わった」と断言出来るかと思います。

現在の心持とは、

  • 無駄な物欲が一切湧かない
  • 捨てたいとの思いに囚われなくなった

この二つの気持ちが特に意識する事なく、常に自分の中に存在している事が、過去の自分と違うところです。

「欲しがらないように!」

とか、

「捨てたがらないように!」

なんて事で、自分の気持ちを抑えつける事が皆無となっております。

モノに囚われる事から解放されています。

実際にモノが無くなったという事よりも、モノに囚われなくなった事で断捨離が終わったと実感します。

気持

しかし、「断捨離が終わった」と言うのは言い過ぎかもしれません。

これからも「断」「捨」「離」は続けますし。

と考えると、「無駄なモノを捨てるのは終わった年」「モノから解放された年」ぐらいで心に留めておこうかと思います。

それはそれで大きな事柄。

いずれにしろ、大きなターニングポイントになる年である事は間違いないと感じています。

2008年から初めて、まる9年。

現在10年目。

10年目にして、モノから解放されて、足枷も無くなった事で、これからは本格的に身軽でいきたい。

そう感じていますし、そうしていきたい。