「欲しい物は買えば良い!」という考えで欲望を解放してやりつつ、無駄な買物はしない。

物欲が無くなりました。

しかし、「欲しい物があれば買えば良い!」

なんて事も思っています。

そんな事を考えられるのは、そう思ったところで、また物欲に走る心配が無いので。

断捨離マスターの域に達しつつあります。

さすが俺!

ゴリラ ミニマリスト

  • 「宵越しの銭は持たない」
  • 「借金の大きさは信用の証」
  • 「借金をしてでも投資する」
  • 「ロックンローラーは貯金なんてしない!」

若い頃、こんな事をまともに思っていました。

私以外にも、そう思っていた人は相当数いたハズ。

テレビでタレントの口からよく聞いた言葉ですから。

いや、私が好きなミュージシャンが言っていただけかもしれません。

注目している人の言葉は大きく心に響くため、よく聞いたと勘違いしているのかも。

とにかく、私は人の言う話を真に受ける、典型的なバカな子でした。

バカな自分は真に受けちゃっていました。

カッコイイ!

って。

入ってきた金は全部使うは、貯金もしない。

挙句の果てに借金を膨らまし、それが信用とか言っちゃう俺。

「俺、カッコイイー!」

わけない。

クール

そんな経験を経て尚、どこかで聞いた言葉、「欲しい物は買えば良い!」なんて事を思っています。

ただ、これを真に受けて、「よ~し、じゃんじゃん買うぞ!」とはなりません。

少しは成長しています。

人って、他人の言葉や行動に影響されがちです。

と言うより、影響されてしまいます。

そういう「人の特性」で経済はグルングルン回ります。

経済を回すには無くてはならない「人の心理」でもあります。

外的要因により、欲が止め処なく溢れてくるのは常です。

簡単に、経済を回す歯車として組み込まれてしまいます。

そこからなかなか抜け出せなくなってしまう。

そうなりたくなければ、俗世間から距離を置く事をお勧めます。

難しい事ですが。

なので、私の場合は、現在、「欲しい物があったら買えばいい!」

なんて事を考えるようにしました。

「お!これイイジャン!買おう!」

一旦、欲望のままに、俗世間の誘惑に同調してみます。

そんな風に思う事で、自分自信に我慢を強いる事は無くなってしまいます。

かと言って、「欲しい物があったら買えばいい!」を額面どうり受けて、行動に移す事もありません。

しっかりと、「断」が身についているので。

買物

心の持ちようで、自分の心はいかようにもなります。

我慢する事よりも、「欲しい物があったら買えばいい!」と考える事で、気持ちを束縛する事から解放させてやりました。

ただ、自分にとって、その物は必要か否かと常に疑問を呈する事と、判断する目が養われた事によって、物が増える事はありません。

断捨離マスターの域に達しつつあります。

さすが俺!

ゴリラ ミニマリスト

【取扱注意】欲に流されやすい人にはお勧め出来ない考え方です。

スポンサーリンク

フォローする