断捨離を続けてきた事により、今年は圧倒的時間を手に入れられる。

あけましておめでとうございます。

あっという間に大晦日が過ぎ去って、あっという間に元旦も終わろうとしています。

年末年始は、ただただ怠惰に、または「好きな事をやるぞ!」と決めていました。

で、「よし!動画を見まくるぞ!」

なんて意気込みながらユーチューブを視聴しようとすると、何ともつまらなくなってくる。

普段はついつい数時間も見入ってしまうのに、不思議な現象です。

という事で、途中で断捨離作業に切り替えました。

動画

毎年恒例の事ですが、確定申告の準備も兼ねて、去年の書類を整理整頓して見直します。

手元に残した書類は、とりぜず全部スキャンして、パソコンに取り込みます。

その後、領収書などの所得税法上保存義務がある証憑書類(しょうひょうしょるい)以外は、全部破って捨ててしまいます。

頂いた数少ない年賀状もスキャンして捨ててしまいます。

断捨離作業といっても、ただそれだけの作業でした。

しかし、溜まった書類を処分してスッキリ出来た瞬間です。

書類

日々の生活の中で、完全に要らないと判断した書類は即捨てで、どうしたら良いのか解りずらい書類はとりぜず保管しています。

証憑書類以外のほとんどは即捨てでも問題ないとは解っているのですが、それでも判断付きにくい場面が出てきます。

そういう場合は、いちいち悩む時間が勿体ないので、とりあえず保管しておきます。

数か月放置してみると「完全に必要なし!」との判断が下せるようになります。

二度手間かもしれませんが、書類はそんな感じで処理しています。

断捨離 判断

去年の夏頃までは、物に翻弄される日々でした。

現在、処分する事に時間を割かれたり、「要る?」「要らない?」と悩まされる物はほとんど持っていない状態です。

入ってくる物は書類ぐらいで、それらに悩まされるような事も出来るだけ避けるようにしています。

断捨離を継続してきて、それに伴って時間に余裕が生じてきましたが、今年は更に時間を大量に得られる事が想像出来ます。

有り余った時間を有意義に利用していきたいところです。

時は金なり

スポンサーリンク

フォローする