緊急地震速報音が鳴った理由と、鳴らなくても身の危険を軽減出来る部屋で良かった。

11時過ぎに、地震緊急速報の音が鳴りました。

目の前に置いていたスマホから、ケタタマシイ音が鳴りだしたので、いやービックリした。

しかし妻の携帯電話(ガラケー)&データ通信専用スマホは鳴らなかった。

今頃になって鳴っていなかった事に気付きました。

なぜ鳴らなかったのか?

ガラケーだから?

データ通信専用だから?

また、なぜ小さい揺れだったのに、警報音が鳴ったのか?

調べてみると、警報音が鳴った理由があるようです。

推測で、まだ、はっきりしていないみたいですが。

5日午前11時2分ごろ、茨城県沖を震源とする地震があり、茨城県神栖市で震度3の揺れを観測した。

気象庁はこの地震で、緊急地震速報を出したが大きな揺れは観測されなかった。

気象庁によると、地震計の情報などから最大震度5弱以上が予測された場合に緊急地震速報が発表されるが、別の場所で複数の地震が同時に起きた場合などに震度が過大に推定される場合があるといい、同庁が原因を調べている。
茨城県沖の地震が起きた時刻に富山県西部を震源とする地震があった。

引用元 時事ドットコム

地震警報が鳴ったとき、かなりビックリしましたが、その場で身構えるだけに留まりました。

妻のほうは、自分の携帯から音が出なかったので、「え?なに?また怖い音聞いてんの?」という怪訝な視線を私に送っていました。

昔の事ですが、地震関連の動画をよく見ていたので、妻はそう感じたようです。

まだまだ物が多い頃は、地震関連の動画を見ては、警報が鳴ったら、「何も置いてない和室に逃げ込む!」という訓練を妻と二人でやっていました。

今はそんな事をせずとも、その場で体制を整えるのみです。

しかし、事前に警報音がしっかり鳴ってくれなかったときに、現実に大きな地震が来たとしたら。

そんな時、周りを物に囲まれた場所に居たとしたらと考えると怖いですね。

最近では地震の恐怖をすっかり忘れてしまっています。

無駄に怯えるよりかは良い事かと思いますが、備えは疎かにしてはならないと再び実感させられました。

この寒い中、家が壊れでもしたら、寒がりの私には地獄です。

改めて諸々をチェックしておこうと思います。

スポンサーリンク

フォローする