服を断捨離して数を少なくしたら衣替え作業から解放された。

持たない暮らしを目指したら服の好みが変わった

もう10年ぐらい前の事だと思うのですが、物を捨てる作業を開始してから、服の好みが変わりだしました。

年齢的に、単に趣味が変わっただけかもしれませんが。

とにかく、軽くて動きやすい素材の服を好むようになりました。

例えば、ゴワゴワの革ジャンより、小さい袋に収納出来るダウンジャケットへと。

断捨離を開始してからほとんどの服を捨てた

捨てるに捨てられない服がありました。

それらは着るので捨てられないというわけではなく、思い入れがあるので捨てられなかったというもの。

若い頃に親に買って貰ったスーツとか、友達に貰った全く趣味じゃないシャツとか。

全く着ませんし、これから先も絶対着ないような服。

そんな服にちょっと手こずらされた記憶が残っています。

断捨離という考え方を知ってから、そんな服も何とか捨てられました。

後悔は全くありません。

今持っている服は、全て普段着る服のみです。

あ、あと、冠婚葬祭用のスーツと喪服があった。

衣替え作業が不要になった

つい先日、また妻から真っ新なTシャツを貰いました。

まだ全然Tシャツの季節じゃないので、とりあえず袋から出して、ハンガーに掛けておくことに。

その時思ったのは、そう言えば最近、衣替え作業を全くやっていないな~という事。

季節の変わり目になると、必ずやっていた衣替え作業。

そんな事をやった記憶は、もう数年前の話になっている。

押入れに設置した、幅が1mも無い1本のハンガー(突っ張り棒)に、冬服も夏服も全部掛かっている。

減らす事はあっても、増やす事はもうしたくない

去年、妻からジャージ(部屋着)を買ってもらいました。

そのとき、断捨離の教えに沿って、古いジャージは捨てるべきでしたが、まだ捨てられていません。

というか、存在自体を忘れていました。

また、今回妻からTシャツを貰った事で、古いTシャツを1枚捨てたいところです。

油断していると、ジリジリと物は増えていきます。

ジリジリと物が増えていくにつれて、実感出来づらい微々たる労力も増えていく。

それが積もり積もって、衣替えという作業が生じる羽目になりかねない。

最近、断捨離熱が収束しているので、物に関してはどうでも良いかなと思うところもあるのですが。

しかし、自分にその気は無いのに、勝手に物は入ってくる。

うっかりしていると、また物が増えかねない。

減って楽になるのは歓迎だけど、勝手に増えていかれて大変な思いはしたくない。

そんな事を考えていると、面倒くさがらずに、その都度処理していかなければと思わされた次第です。

スポンサーリンク

フォローする