家事の時間を短縮したいので、持ち物はシンプルに。

しばらく、掃除をさぼる

怠惰

もう2ヶ月ほど、掃除や片付け作業を疎かにしています。

以前は、毎日、拭き掃除や掃き掃除、チマチマと片付け作業を行ったりと、余念がありませんでした。

余念がないと言うより、他にやる事が無いので、家事に一生懸命にならざるを得なかったと言った方が正解かも。

そんな掃除や片付け作業も、最近では、1~2週間に1回程度の頻度になってきました。

持ち物が少ないので、部屋が散らからない

持ち物が少ない

片付け作業に対しては、ほぼ無関心で日々過ごしています。

自分の物に関しては、持ち物が少ないので、散らかりようがありません。

妻の物がたまに散乱したり、妻が買物から帰ってきたときに、買ってきた物が一時的に散らかる事はあります。

それも大した事じゃないと思えるようになり、あまり気にならなくなりました。

部屋が散らかってイライラする!なんて事にはなりません。

大らかというか、ちょっと気持ちに余裕が出来たようです。

家事を省力化するのためには、持ち物を少なくする事が最も有効な手段

和室

あまりにも掃除をやらなくなってしまっているため、気分転換の一環として、今日は久しぶりに雑巾を使って床拭きを行いました。

さすがに1~2週間分のホコリや汚れは毎日掃除していた頃よりかは多いです。

しかし、掛かる労力は、毎日掃除していた頃とほぼ変わりません。

掃除を毎日やろうが、1週間に1回やろうが、1回に掛かる労力はどちらもほぼ同じという感じ。

物が少ないと、しばらくサボっていたとしても、変わらず掃除は楽でした。

更に物を少なくしていきたい

出る

今日、雑巾で床を拭き掃除中に思った事。

それは、「更に物を少なくしたい」という事。

思っただけで、行動には移しませんでしたが。

物を減らす事を考えると、少し楽しくなります。

楽しくなると言うか、解放感を得られると言うか。

そうすると、まだまだ減らせる物があるのではないか?

なんて欲求が湧いてきます。

だからと言って、あまりそんな考えに囚われたくないところですが。

しかし、またそのうちに、断捨離作業をやらなくてはと感じています。

また必要無くなった物が生まれているかもしれませんから。

これからも、要らない物はさっさと手放して、更に諸々の負担をなるべく軽減していく事に努めたいと思います。