ビジネスホテルでミニマリスト体験。

ビジネスホテルに宿泊

先日、仕事で外泊しました。

4泊。

宿泊先は、ビジネスホテルの「ルートインホテルズ」

実際に泊まった部屋の画像です。

部屋の広さは11㎡。

わざわざ測りました。

ミニマリスト ホテル

持って行った物

必要最小限の物を持って行きました。

  • ノートパソコン
  • タブレット
  • スマホ
  • 各々の充電器
  • 靴下1
  • パンツ1
  • ハンドタオル2
  • 歯ブラシや歯磨き粉
  • 飲み物
  • カップラーメン

以上です。

中くらいのバック一つに納まるぐらい。

最小限で過ごす

仕事とは言っても、仕事はせず、全日、部屋で待機。

ルートインは朝食付きです。

昼食と夕食は、ホテルの食堂は使わず、節約のため、スーパーに弁当を買いに行きました。

外出はその時だけ。

服は風呂場で手洗い。

観光もせず、ほとんどの時間は、部屋でパソコンを前に、じっとして過ごす。

食料、寝る場所、トイレ、少しの娯楽。

これだけあれば、4泊5日、問題無く生きていけた。

 

 

ほとんど何も無い狭い空間で、これがいわゆる、「極限のミニマリストの生活」かと(私の勝手なイメージ)、しみじみと味わいました。

 

 

不便に感じる事は有っても、特に困った事は無かった。

ネット環境とパソコンが有れば娯楽に事欠きません。

人の声は聞こえないし、上層階だったので、車の音も聞こえない。

静かな環境。

更に滞在延長する事になったとしても、嫌でもないし問題も無かったでしょう。

自宅に戻ると衝撃が走った

自分の家に帰宅してから、ちょっと大げさかもしれませんが、大きく感情が揺さぶられました。

「自宅は何と居心地が良く快適なんだ!」

と。

デスクトップパソコンの大きなモニター。

食べ物と飲み物が冷蔵庫に入っており、何時でも飲み食いできる。

ボタン一つで動く洗濯機。

等々の快適さと有り難さ。

 

ミニマリスト的な空間で生活を経験した後、自宅に戻ると、質素だと思っていた自分の生活空間が、どれだけ有り難くて恵まれていたのかと、思い知らされた次第です。

タイトルとURLをコピーしました