落ち込んだときにこそ、ポジティブに考えて解決する。

ポジティブ

去年からネットを利用して稼ぐ事を目標に、右往左往しています。

なかなか上手くいかないと言うか、焦り過ぎと言うか。

とにかく、思いどうりに事が運ばないので、気持ちが凹むばかり。

「ダメだ~」・・・

「ダメだ~」・・・

の連続。

こうもネガティブな感情に囚われたり、言葉に発するのは良くないですね。

自らそちらの方向に追いやっているようなもの。

自分で自分を洗脳している。

ネガティブな時こそ、努めて前向きな感情や言葉を発しなければいけません。

そういう訳で、無理やりポジテイブな事を想い、言葉を発することに。

これまで、かなりネガティブ思考に陥っていました。

そこから、ポジテイブな言葉や想いを描く事なんていうのは非常に難しいわけです。

それを無理やりにでもポジティブに考え、言葉を発する。

心は暗澹たる気持ちでも、上っ面だけは、とにかくポジティブを考え、言葉で発し、望んでみる。

竹中直人の「笑いながら怒る人」のごとく。

しばらく続けて気付いた事。

それは、無理やりにでもポジテイブを思い描いていると、ネガティブ感情の入るスキが無くなっているという事。

言うだけでポジティブになる クスド フトシ(著)

次第に慣れてくると、ネガティブの代わりに、自然にポジテイブな想いを抱く事が出来るようになります。

ネガティブ感情が湧こうものならば、こりゃまずいと、すかさずポジティブ感情が襲い掛かってきます。

ネガティブな気持ちを考えようとしても、考えられない状況です。

ネガティブ思考に悩まされている人は、試してみる価値はあると思います。