無料のミニマリスト本を見つけて、ミニマリストブームが終わったと思った。

昨日、アマゾンを徘徊していたら、佐々木典士さんの本を見つけました。

なんと0円。

「無料」との言葉が目に入ったときにこう思いました。

「あ、ミニマリストブーム終わったな」と。

有名なミニマリストというと、佐々木さんの事が浮かびます。

その有名な人の本が無料で出されている。

無料=売れない

売れない=ミニマリト関連の本は需要が無い

ミニマリストに関心を示す人が減った

ミニマリストブーム終わった

そう連想したわけです。

そんな事を想いつつ、無料という事でさっそく0円で購入。

で、全部読めると思ったら一部だけ。

「ちょっとだけよ」と誘い込んで、「続きは有料でね」という事でした。

残念。

そういう訳ですが、興味がある方はお試しして下さい。

ちょっと前から、「物を持たない暮らし系」の本を読み返そうと考えていました。

そんな想いを抱きながら早数か月。

私が気になっているは ドミニック・ローホー さんが書いた本。

「持たない暮らし系」の本を欲していた頃、持たない系の本は沢山ありませんでした。

よってドミニック・ローホーさんの本を何度か読み返しました。

それをもう一度読んでみたい。

現在、アマゾンで探すと、持たない系の本はかなりの数が出ていますね。

沢山の新刊が出版されていますが、自分がブログで書いている内容もそうですが、後から出版された本は二番煎じ的な要素が大きいと想像しますので、いまいち食指が動きません。

しかし、食わず嫌いでいると損をしているかも。

とは思うが、その前にとりあえずドミニック・ローホーさんの本を読みたいと思う今日この頃。