「貧乏で良かったね」と妻は言う。

清原和博って知ってます?

元プロ野球選手の清原です。

改めてウィキペディアで調べようとしたところ、うんざりするほどの情報量だったため、そのままページを閉じました。

詳しくはこちら↓

ウィキペディア:清原和博

その清原和博の件で、昨日妻と交わした内容です。

祭りの話になりました・・・

だんじり祭りってどこでやってるのかね?
旦那
大阪の岸和田だよ。清原の出身地だ。
清原って?逮捕された清原?
旦那
そう。東麻布に住んでたんだよ。今は知らんけどね。
へ~、金持ちだよね~。
旦那
金持ってるのに、薬なんかやっちゃって、人生棒に振ってしまったよね。
お金持ってるからそんな事するんじゃない?それにお金目当てで悪い人が寄ってくるんじゃない?
旦那
どうなんかね?よくわからん。
お金持ってるから変な物買っちゃうし、悪い人も近付いてくるんだよ!良かった~うち貧乏で。(ほっと胸をなでおろす)

「貧乏で良かったね」と言われました。

「ん?」とは思いましたが。

はぁぁ・・・何でうちは貧乏なのかな・・・ガックリ

と言われるよりかは良いのかな?

妻が言うには、お金持ちだと変な遊びを覚えてしまう。

変な遊びをしていると、良からぬ人に目を付けられる。

その良からぬ人達から悪の道に誘われ、挙句にお金を毟り取られてしまう。

うちの場合はお金が無いので変な遊びは出来ないから、悪い人達も近寄ってこない。

お金を持っている事で悪い人に狙われるよりも、平穏な日常のほうがよっぽど良い。

よって「貧乏でよかったね」という事です。

確かに。

少し違いますが、私も同じような事を思っていました。

ちょっと前から仮想通貨で一喜一憂している人達が増えましたよね。

上がったとか下がったとか。

資金を溶かしたとか。

そんな話を聞くと、投資したくなるほど沢山のお金を持っていなくて良かった。

なんて事を思います。

お金持ちと言えば、金銭トラブルが付きものという印象です。

しかし、お金を持っていなければ、溶かすなんて事はあり得ません。

また、知り合いに、不動産や投資の押し売りにしつこくされているという話を聞きます。

私達といえば、誰も近付いてきません。

誰も近付いて来ないうちの日常は平穏です。

押し売りにしつこく付きまとわれている知人の話なんか聞き、平穏を乱されている姿を想像すると、とうてい受け入れがたい。

そう思うと、妻が言う「貧乏で良かったね」という意見には納得させられます。

かと言ってもね、貧乏もそれなりに辛い。

出来れば貧乏からは脱したいと思っています。

ですが、妻の発言だったり、お金を持っていてもろくな事には使わない自分の性分を考えると、貧乏脱出の為の行動にはなかなか本気になれないという事があります。

そんな言い訳をしてしまうこともあり、貧乏から抜け出すなんて当分無理そうです。

だったら貧乏を楽しむ方向で考えるようにしたら、そっちのほうが得策かも。

スポンサーリンク

フォローする