我が家のお金事情・お金は物に替えずに貯金していこう。

お金を蓄える事なく50歳になってしまった

稼いだお金を銀行に預けていたって何も面白くありません。

お金を使わず持っていてもしょうがない。

お金は使ってこそ意義がある。

どんどん使って楽しもう!

なんて、昔はそう思っていました。

そういう訳で、生活費以外に余ったお金は全て物を買ったり遊ぶ為に使っていました。

若い頃は当然老後の生活なんていうものへの実感なんて得られません。

なので、「老後のために貯金しなくちゃ」なんて考えは薄いものでした。

また、身体だけは丈夫で自営業なので、「死ぬまで働けば問題なし!」なんて楽観的でもありました。

しかし、老後の備えをしなければ、「いずれ悲惨な状況になるだろうな」なんて事は漠然と思っていました。

そういう訳で、いつかは貯金を始めなくちゃと思ってはいたが、「50歳ぐらいから始めれば大丈夫だろう」ぐらいの考えでした。

で、その50歳になってしまった。

若くしてリタイアした人に感心

最近、自給自足やリタイアした人のブログを熱心に読んでいます。

そんななかに、若くして完全リタイアした人を見つけると、「よくそんな事が出来たな」と感心します。

そんな事を思うも、私も稼いだお金を堅実に貯めていたら、今頃セミリタイアぐらいは出来たかも。

浪費したお金を計算してみると、そんな事に気付かされます。

もう一度人生をやり直すなら、若い頃からせっせとお金を貯めて、早いうちにリタイアしたい、なんて事を考えさせられます。

が、今頃考えたとて、やり直す事なんて無理ですし、若い頃にそんな考えはとうてい持てなかったと思います。

やはり、好きな事をしたいだろうし、好きな事をするために、お金を使う事を惜しまなかったと思います。

早期リタイアした人を羨ましくは思いますが、かと言って、人生をやり直すチャンスが訪れたとしても、早期リタイアは自分には無理な選択だっただろうなと感じます。

我が家のお金事情

若くしてリタイアしたブログ主と自分を比べてみると、「俺、ぜんぜん金無いわ・・・ションボリ」とさせられます。

「アリとキリギリス」のキリギリス状態です。

しかし、過ぎ去ってしまった事を嘆いてもしょうがありません。

また、今頃ションボリしたところで、やはり私にはお金を貯めるなんて技はこの歳になっても難しいのですね。

今は要らない物を買うような事はしないのですが、お金に余裕が出来ると、その分働きません。

もうほんとにダメダメです。

自分でお金を貯めるなんていまだに無理。

昔は自分で貯金なんて出来ないので、母に仕送りして、その中からいくらか私自身のために貯金して貰っていました。

しかし、それも「要らないから使っていいよ」という事に。

どうも、私にはお金を長い期間自分の元に留めておく事が無理みたいです。

という事で、貯金は妻に任せています。

貯金は結婚してから妻が自主的に始めました。

我が家のお金事情として、生活費の大半は私が出しています。

妻には自分自身の携帯代や娯楽費は自分で出して貰っています。

それと2人分の食費を担当して貰っています。

妻の少ない給料からそれらの費用を差し引いてから、余ったお金を貯金して貰っています。

私はと言うと、稼いだお金に余裕が生じると、自分の好き勝手に使っています。

お金を貯める事を考えなければ

50歳を過ぎてようやく、「老後に必要なお金を貯めなければ」なんて事を考えるようになりました。

と言うより、必死で考えなければなりません。

いや、必死に考えています。

以前より漠然と考えはしていましたが、「50」となってからは切実な問題と実感してきました。

ただ、実際の行動にはなかなか繋がっていません。

老後はすぐそこに迫っています。

妻が貯金してくれていると言ったって、微々たる金額です。

それで夫婦二人が暮らしていくなんて到底無理な話。

何とかしなければと考える日々です。

とりあえず、断捨離の考えが根付いたのは良い結果となっています。

もう物なんて「イラネー」って感じ。

物を買わないので、お金を貯めやすい状況ではあります。

あとは、「稼いだら休む」とか考えずに(いや、考えたい!)継続して稼がなければ!

スポンサーリンク

フォローする