「まだその服着てんの?」と言われる。

まだその服着てんの?

先日、弟と会いました。

その時に言われた言葉。

「まだその服着てんの?」

その言葉を聞いてちょっとビックリしました。

もう10年以上前に弟と会ったときに着ていた服(アウター)を、いまだに覚えていたという事にです。

弟のほうもビックリしたでしょうね。

10年以上も前に着ていた服を、いまだに着ているという事に。

オシャレ好きな弟からしたら考えられない事だったかも。

毎日同じ服を着ている

私、毎日同じ服(同じ形のズボンとシャツ)を着ています。

仕事とプライベートで使い分ける事はしません。

断捨離やミニマリストの存在を知る前は、オシャレに関心は無いにしても、毎日同じ服を着るような事はしていませんでした。

とは言っても、4~5着をローテーションするぐらいでしたが。

そのローテーションをやめて、気に入った同じ形の服を複数買って着まわしています。

それで充分。

と言うより、毎日「気に入った服」を着ています。

また、服選びにいちいち迷う事が無いので楽です。

不潔にならないように気を付けるのみ

誰も口には出しませんが、きっと、「○○さんは、いつも同じ服を着ている」なんて思われているのでしょうね。

実際そうなので、そう思われるのは特に気にしません。

しかし、「○○さんはいつも臭いけど、ちゃんと服を洗っているのかしら?」なんて事を思われないようには気を付けています。

服装なんて「どーでもイイ」という訳ではない

昔、オシャレに気を使う弟から、「もうちょっと服装を考えたら?」と言われた事がありました。

しかし、そんな事はどーでもイイんですよ。

いや、どーでもイイから毎日同じ恰好をしている訳ではありません。

長年掛けて試行錯誤して出た答えが今の服装です。

自分で、「快適」「カッコイイ」「機能的」「楽」と感じ、「無駄な服が増えない」訳ですから。

こんな良い事はない。

弟に、「まだその服着てんの?」と言われて、今回服装の事をちょっと考えてみた次第ですが。

変わらず、これからも我が道を突き進むのみという結論に至りました。

スポンサーリンク

フォローする