田舎で大きな家に住む事になったら、断捨離をやってきた事は無駄になるのか?

田舎暮らしへの想い

只見町

(南会津群只見町にて)

不要な物を排除する断捨離作業が落ち着くと、次に田舎暮らしへの想いが膨らみ始めました。

田舎暮らしをしたい理由は様々あります。

その1つとして「音」があります。

現在、幹線道路沿いのアパートに住んでいます。

微かにですが、常時、車の通行音が聞こえている状況です。

また、すぐ隣にスポーツ施設が有るので、そこに出入りしている人の喋り声が気になるところです。

たぶん、生まれてから今までずっとそんな環境の中で生活してきました。

そういう訳で、音に囲まれて生活している事を取り立てて問題視はしていません。

が、そんな日常の中でも、元旦ともなると、人々の動きも止まり、周りは「シ~ン・・・」と静寂が訪れます。

聞こえるのは自分の微かな耳鳴りぐらい。

田舎の旅館

(南会津群只見町の旅館にて)

また、たまに「超」が付くほどの田舎のホテルや旅館に泊まったときなど。

短い時間ですが、静寂の中で過ごす事になります。

そんな体験をしたときに、「静寂と言うのはこんなにも心地良いのか」と思い知らされます。

「静かな場所に住みたい」という想いが強く湧きあがります。

そんな静かな場所と言えば、やはり「田舎」だと考えます。

田舎に移住する事で、断捨離をしてきた事が無駄になるのか?

旧五十嵐家住宅

(南会津群只見町の旧五十嵐家住宅)

断捨離して持ち物を少なくしてきました。

出来れば今の状態を維持していきたいところ。

そんななか、田舎への憧れが増し、移住して、自給自足的な生活をしてみたいと目論んでいます。

そうすると、物を持たずに暮らすなんていう事は不可能になります。

今までとは真逆な状況が訪れるはず。

となると、今まで必死に物を減らしてきた事が全てパァになる・・・なんて思ってしまう。

しかし、断捨離の目的は、「物への呪縛から解放させ、その分労働からも解放される事で、自分の時間を取り戻す」という意味合いが大きかった。

実際に断捨離する事で、自分の時間を取り戻す事が出来たので、「田舎で自給自足」を考えられるようになった。

断捨離を実践して、「自分の時間を取り戻した」事によって生じた選択肢である。

という事は、今まで実践してきた断捨離は無駄ではなかったと言える。

それでも必要最小限でいこう

憧れはするけれど、今まで実践してきた、「断捨離」や「持たない暮らし」からかけ離れた、「田舎で自給自足暮らし」について考えさせられる部分がありました。

「田舎暮らしすると、物が増えちゃうな~、どうしょうか・・・」

なんて思っていました。

が、自分がやりたい事へ繋げるための断捨離作業だったと考えると、それはそれで納得出来るのかも。

「決して無駄な事じゃなかった」

逆に、そんな思考に陥るのは本末転倒かも。

最近、そんな風に考えられるようになってから、田舎暮らしへの想いが強くなっている次第です。

しかし、そうは言っても、これから先、どのように転ぶかは判りません。

どのように転ぶかは判らないですし、物に煩わされる事はやはり嫌なので、いずれにしろ、必要最小限でという考えは変えずにいくつもりです。

また、自由な発想を阻まれないように、身軽な状態を維持するためにも、無駄なモノを抱え込む事だけは避けていきたいところです。

スポンサーリンク

フォローする