断捨離筋が衰えてきたので強制的に作業を進めてみた。

断捨離筋が衰えてきた

押入れの中の物達の様子が気になっていました。

しかし、押入れの中に仕舞っている物の状態を確認する作業って結構面倒なんですよね。

あと、引出の中の物達。

引出の中に物をギュウギュウに詰め込んでおります。

そんな状態を思い浮かべると、押入れと同じく、見て見ぬふりを決め込みたいところ。

ほんの数か月前までは、気になる箇所や物があったら、とっとと断捨離作業へと進んだのですが。

現在、どうにも面倒くさいという気持ちのほうが前に出てしまいます。

スポーツ選手がトレーニングを休むと、元の状態に戻すのに苦労するなんて話を聞きます。

私も断捨離作業をずいぶんと休んでいるので、すっかり「断捨離筋」が衰えてしまったのでしょうね。

衰えた筋力に活を入れてやる

最近、断捨離筋が衰えてしまったようです。

いや、別にそれで良いんですけどね。

充分、快適に過ごせる状態を保てているので。

しかし気になる事実は変えられない。

という事で、心を「無」にして、とりあえず押し入れと収納ケースの中身を全て外に出してみました。

出してしまったからにはまた元の場所に戻さなくてはなりません。

しかし、戻すのはカッタルイ。

「カッタルイ」なんて事を実感すると、ちょっとだけ「余計な物は捨てたい」という欲が湧いてきました。

やはり断捨離欲を活性化させるには、この「カッタルイ」という感情は効きますね。

私の場合、「もっと減らしたい」という感情へと繋がります。

たまに強制的にでも作業を実践してやる

心を「無」にして押入れの中の物を全て出してやりました。

そうすると否応なしにと言うか、「せっかくなので断捨離&掃除でもするか」なんて気持へと繋がります。

押入れや引出の中を拭き掃除して、出した物の中から不要な物を炙り出し、いくらかスッキリさせてやり、作業完了となりました。

捨てる物は無いと思っていましたが、数点要らない物が出てきました。

結果オーライです。

気が乗らなかったのですが、そんな気持ちを無視して、強制的にでも断捨離作業を行う事は、断捨離筋の維持や、更に物を減らす為にも有効でした。

これからも、たまに心を「無」にして物を減らしたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする