ギターを捨てなくて良かったけれど、そのうちミニマムにするかも。

ギターを弾いてみた

ギター

ギターを1本持っています。

25年ぐらい前に御茶ノ水の下倉楽器で買いました。

25年ほど前の事ですが、断片的に光景を覚えています。

まだピチピチの私が、現金を握りしめて、ワクワクしながら買いに行きましたよ。

10万円ぐらいしました。

ギターとしては中級品といったところでしょうか。

このギターですが、年に1回も弾きません。

1~2年に1回程度、ケースから出して状態を確認するのみ。

全く弾かないので、捨てるべきか否かと散々悩みましたが結局残しました。

なかなか手放せないでいます。

そのギターですが、先日、ケースから出して弾いてみました。

弾いたと言っても、もう全然弾けない。

指が痛くなってきて、30分ほどで嫌になって終了。

ケースに戻してまた押入れの中に仕舞いました。

が、翌日になってみると、また弾きたくなったので、押入れから出してケースから取り出して弾いてみました。

また指が痛くなって終了。

ですが、その後も度々弾くようになった。

ギターを捨てなくて良かったとは思ったが

ギター修理

昨日、弾き終ったら、ギターケースに仕舞わず、裸のまま押し入れに仕舞いました。

いつでもササッと弾ける状態にしました。

連日弾く事になったので、「やっぱり捨てなくて良かった」なんて事を思いました。

が、久しぶりに弾いていると、楽器の状態が良くないという事が気になりだします。

修繕する場合の料金を調べてみると、フレット交換やら電気系統の修理に5~7万円ぐらいの費用が掛かりそうです。

10万円のギターに5~7万円の費用を掛けるのは考えものです。

今じゃ昔に比べると、ギターを作る技術も向上しているでしょうし、それでいて値段は下がっている。

だったら、新しいギターを買ったほうが得策かな、なんて考えが過ります。

本気になったら捨てよう

ウクレレ

現在、たまたまギターを弾いていますが、これから先、本気でギターを弾く事に取り組むというような事はないと思っています。

しかし、間違って本気になってしまった場合は・・・

今持っているギターは状態が良くないので処分しようかと思います。

ピカピカのギターへ買い替えようと思います。

25年も手元に置いていた物を捨てるなんて、「ギターへの愛情が無いヤツだ!」

なんて、自分自身に対してそんな感情も湧きますが、しかし、しょうがない。

また、私のギターは フルアコ:amazon と呼ばれる、ギターの中でも大きなサイズの物です。

なので、今度買うとしたら、場所を取らない小さいギターにしようかな。

小さいと持ち運びに便利だし・・・

なんて考えが芽生えてきました。

いや、そんな選び方は意味無いし、それに、そんな基準で楽器を選ぶなんて言語道断!

とはいうものの、この際、ミニマム思考を取り入れて選ぶというのもアリかも・・・

今回ギターを弾きだした事で、そんな想いが生じてきました。

本気になって買い換えるとなると、いろんな拘りが生じるでしょうから、またフルアコを選ぶかもしれません。

逆に、本気にならないうちに、小さい ギタレレ:amazon に買い換えてみようか。

なんて、今まで考え付かなかった、ギターのミニマム化を妄想しています。

スポンサーリンク

フォローする