断捨離して全部捨ててしまったらどんな気持ちになるのだろうか?

断捨離して全部捨ててしまったらどんな気持ちになるのかね?

私、断捨離に対しての熱はすっかり冷めています。

断捨離の事を強く意識する必要性も無くなり、強迫観念的に、「捨てなくちゃ」なんて想いに囚われる事も無くなりました。

そういう訳で、昔みたいに妻にも、「断捨離をしろ!」なんて言わなくなりました。

断捨離に関しての会話も全くしません。

そんななか、先日の夕食時、妻が唐突にこんな質問をしてきました。

断捨離して全部捨ててしまったらどんな気持ちになるのかね?

「ここだ!」と思い、一気に畳み掛ける!

断捨離への熱が冷めている私としては、「そんな質問にいちいち答えるのは面倒くさい」と一瞬思いました。

が、妻が自ら断捨離の話題を振ってきた。

という事は、断捨離欲が増している証拠。

「ここだ!」と感じ、面倒くさい気持ちを思い直して一気に畳み掛けてみる事にしました。

旦那

断捨離はいいぜ~!

物が無くなると気持ちがスッキリする。

自分の自由時間が増える。

とうとう実家に置いている物を捨てる決心が付いた?

だったら手伝うよ!(メンドクサイガ)

かねがね気になっていた、妻の実家に置きっ放しの物を捨てるように促してみました。

が、妻の答えは・・・

いや!

何で捨てなきゃなんないの!?

猛反発を食らいました。

てっきり、実家に溢れかえった物達を、「全部捨てたらどんな気持ちになるのかな?」なんて考え悩んでいると思ったら。

気になっているのは私だけ。

問題はそこじゃありませんでした。

古い服を全部捨てて、新しい服を買いたい

話をよくよく聞くと、服を全部捨てたいと考えていたようです。

いつもは口ばかりの妻ですが、最近、実際に服を減らす事をコツコツと実践しているので、今回は本気だなと感じました。

ちびちび捨てるよりも、一気に捨てたくなっているようです。

しかし、服を捨ててしまうなんて考えると、かなりの恐怖心が生じるみたいです。

よって、捨ててしまったら、どんな気持ちになるのか?後悔はしないのだろうか?と気になって、実践者の私に聞いてみたかったとの事。

そんな気持ちは私も経験済みなので多いに理解出来ます。

が、今回の質問は、私に、「無駄な物を買うんじゃない!」と言われないようするため伏線を張っているのではないかとも勘ぐりました。

妻の買物に対しては、漏れなく無駄に感じるので、毎回、「無駄な物を買うんじゃない!」なんて言っていますからね。

しかし、着ない服を大量に溜め込んでいるよりも、それらを捨ててしまう事で、スペースの余裕を得て、そこに役に立つ物を収められれば問題無しと考えるので、服を全部捨てたいという考えに賛成しました。

断捨離した後の気持

「断捨離して全部捨ててしまったらどんな気持ちになるのかね?」

なんて妻に聞かれて、改めて考えてみました。

一言で言うと、物が少ないと手間暇掛から解放されるので、気持ちは楽になります。

物を持っていると、その物の管理が大変です。

私自信の例で言うと、昔、バイクを持っていましたが、ほんと管理が大変でした。

特に大変に感じていたのが盗難対策。

気になって気になってしょうがなかった。

最近、ユーチューブで、「バイクの盗難防止対策方法」なんて動画を見て、昔、自分も大変な想いをしていた事を思いだしては、「バイク持っていなくて良かった」なんて事をヒシヒシと感じました。

物を持たないと、物に関する事への手間暇と気持ちを注ぐ必要が無いので楽です。

また、ほとんどの状況下で、物を持たないという事は様々な煩わしさから解放され、楽に繋がるという事に気付きました。

物に関わっていると、自分の時間を奪われる

物に関わっていると、自ずと時間を取られます。

稼いだお金を持って、店に足を運んだり、ネットショップを利用していると、膨大な時間を費やす事になります。

物を欲しがったり、必要としないでいると、手間暇を削減出来て、膨大な労力から解放されます。

貧乏でも生きていける

物から解放される事で、低収入でも生きていけます。

物を持っていなくちゃ駄目だ、生命保険に入ってなくちゃ駄目だ、○○しなくちゃ駄目だ、なんて考えに囚われていると、その分沢山稼がなければなりません。

そんな考えを捨てる事で、あまりお金を必要としなくなりました。

生活に掛かるお金がそれほど必要無いので、これまた楽です。

お金の為に嫌な想いをしなくて良くなった

私は自営業ですが、お金の為に嫌々やっていた仕事を請けなくてもよくなりました。

生活するのにそれほどお金を必要としませんから。

嫌なら断れば良いので、精神的に楽。

しかし、我慢をせずに、仕事を選り好みしていると、どんどん貧乏になっていきます。

嫌な想いをしてお金を取るか、好き勝手にして貧乏を取るか悩ましいところではありますが。

災害により有無が言えず失う前に自ら捨てたくなった

物を捨て始めた最初の頃は、「取っておきたい物」と「要らない物」を分けて、単に「要らない物」を捨てる作業でした。

しかし、東日本大震災後には、更に物を減らしたいと思うようになります。

大地震の様子を目の当たりしたときに、物を沢山持つ事に危うさを感じました。

地震の際、大きな物は凶器となりかねません。

また、沢山の物を持ち、沢山の物に縛られた状態というのは、身動きがやり辛い。

沢山の物を持っていたとしても、儚い想いをするだけ。

そんな事を感じたときに、物とは早々にケリをつけたくなってきました。

現在持っている物の中で、失ったときに喪失感を抱かされるような物はほとんどありません。

物への依存度が低いと心配も少なくなります。

移動がすぐに出来る状態は心が軽い

物理的に、思い立ったときに、どこにでもすぐに移動出来る状態というのは気分的に楽です。

今住んでいる場所が嫌になったり、住んでみたいと思う場所があったら、すぐに引越出来ます。

「クロネコの単身パックと自分の車に全ての荷物を積み込んで、今から沖縄に旅立とう」なんて事を考えられるような物量なので、気軽であります。

まぁ、今のところ、特に移動する予定はありませんが。

しかし、思い立ったときの為に、常に身軽でいる事を心掛けて、そんな状態でいる事が、心も軽くいられます。

時間はたっぷりあるので何でもやれそうな気がする

いろいろ捨てて、やっかいな事を近づけないようにしていると、時間的余裕が生まれてきます。

仕事も毎月1~2週間ぐらいは平気で連休に出来ますし、そうしていました。

しかし、そんな事を繰り返していると、社会との接点が希薄になり、どんどん世間とかけ離れていくように感じます。

貧乏にもなっていきます。

お金が無い状態というのは、行動が制限されてしまいます。

よって、時間は有るのですが、お金が無いので、何でもやれそうな「気がする」止まりです。

現在は「気がする」止まりなので、「やれる」状態に持って行きたいところです。

よって、今は1~2週間も連休を取る事は止めました。

鬱っぽくなる

断捨離していると良い事ばかりという訳ではありませんでした。

断捨離を実践していくなかで、徐々に自由な時間が増えていきます。

そうすると、私の場合は、その時間を持て余す事になりました。

やりたい事が特にないと言うか、断捨離思考のせいで、やりたい事を持てなくなったと言っても過言ではないかと思います。

何も手を付けられず、毎日悶々としながら過ごしていました。

悶々とした日常から抜け出せたのは最近の事です。

断捨離から離れたときに、やっとという感じ。

よって鬱っぽくなったのは断捨離思考による弊害と確信しています。

人それぞれだと思いますが、心当たりのある方は、断捨離を中止する事をお勧めします。

断捨離していろいろ捨ててしまった後の気持ち

断捨離して、良い事も悪い事もありましたが、作業が終わってからどんな気持ちかを短い言葉で言うと。

「煩わしい事から解放され、自由な時間を沢山得られたので嬉しい!」

しかし、思い返してみると、そんなふうに思えるようになるまで、紆余曲折ありました。

また、自由な時間も一気に得られた訳ではありません。

長い時間が掛かりました。

コツコツと不要なモノを削ぎ落としていく断捨離作業を繰り返す事で、やっと沢山の自由な時間を得ました。

自由時間を沢山確保出来たのは、断捨離を実践してきた事によって得た対価です。

その対価とは、「リセット」された状態と言っても良いかも。

ボロボロだった状態をリセットして、新しい冒険を一から始められる。

そんな感覚です。

妻は断捨離作業にまだまだ迷いを抱いているようです。

迷いながら歩んでいると、壁にもぶち当たるでしょう。

が、その先には自分の時間を取り戻せて大きな解放感を得られる事になるでしょうから、地道に頑張ってもらいたいものです。

スポンサーリンク

フォローする