釣ってきたカワハギを食す。

冷蔵庫を漁っていたらビニール袋に入った得体の知れない物が転がり落ちてきました。

「ウォ!なんじゃこれは!?」

昨日釣ってきた魚でした。

カワハギが1匹のみ。

すっかり忘れていました。

これ、今年初の獲物です。

あと1~2日寝かせたほうが美味しくなりますが、手に取ったのでこれを食べる事にしました。

カワハギを食す

久しぶりに魚を捌きましたが、たまに魚を捌くと手こずります。

こんなに身を残してしまった。

カワハギを食す

こうなるのも、妻が100均で買ってきた二つ折りのミニまな板と、大きな魚を捌くような出刃包丁のアンバランスさのせいかと思います。

腕のせいではない。

きっとそうです。

カワハギを食す

何とか全部処理して頂きました。

素揚げ・卵巣・肝醤油・刺身。

カワハギを食す

しかし、自分で捌いた魚って、心の底から味わえないんですよね。

①釣ったら即絞めて血抜き。

②血が抜けたらキンキンに冷えた氷水の中にブチ込む。

③暗くて狭い場所にじばらく閉じ込めた後、まな板の上で八つ裂きにする。

正に鬼畜の所業だ。

食べている時、そんなシーンがチラチラと脳裏に過るためです。

しかし、捌いているときは怖くてオネエみたいになってしまっています。

まぁ、それも最初のうちだけですが。

数こなしていくうちに平気になってだんだんワイルドへと変貌していきます。

そうなるとやっと魚の味を楽しめるようになります。

で、また来年になり、久しぶりに魚を捌くとオネエになってしまうのでしょうが。

こんな事を書いているとまた釣りがしたくなってきた。

明日また行こうかな。

スポンサーリンク

フォローする