洗濯物を裏向きで洗って干すってどうなの?

たまに、服の洗い方で妻と揉めます。

揉めると言うより、私から、「頼むからやめてくれ!」とお願いする事が度々です。

表向きで洗って表向きで干す

私の洗濯のやり方は、「表向きで洗い」「表向きで干す」です。

シャツや靴下などを脱ぐときに裏返ってしまいますが、しっかり表向きに戻してから洗濯機に放り込みます。

洗濯が終わると、そのまま表向きでハンガーに掛けて干す。

このやり方で今までやってきました。

汚れは表に付くから表向きで

汚れは服の表に付着します。

食べ物の汁が掛かったり、手の汚れを拭・・・

その汚れを落とすためにも、表向きで洗わなければいけない。

なんていう考えによって私は表向きにしています。

裏返す手間も少なく、時短にも繋がるし。

裏向きで洗って裏向きで干す

妻の洗濯のやり方は、「裏向きで洗い」「裏向きで干す」。

いちいち裏返してから洗い、裏返してから干しています。

自分の服は自分の好きなようにすれば良いと思っています。

しかし、私の洗濯物も裏向きで洗い、干し、そのまま裏向きで仕舞われてしまう。

裏向きだとイライラさせられる

裏向きで洗って裏向きで干すという妻のやり方でも、まぁ・・・問題ないです。

ちゃんと表向きに戻して仕舞ってくれればね。

しかし、裏向きで仕舞いこむ。

それだと、着る時にいちいち裏返しする手間が生じる。

着る段になると、その裏向きの状態にイライラさせられる。

そんな事もあり、余計に「表表表!表で洗って!」となるわけです。

汚れは裏に付くから裏向きで

裏向きで洗う意味は何なのか?

その理由は解らないでもないのですが、妻に聞いてみよう・・・としましたが、妻は出掛けているので、ネットで検索して調べてみました。

  • 裏向きにする理由
  1. 表面の痛み防止
  2. 皮脂汚れを落ちやすくする
  3. 直射日光による色褪せ防止

とありました。

また、裏向きで洗濯ネットに入れて洗うと、色落ちも軽減され、服の持ちがかなり良くなるとの書き込みがありました。

なるほどね。

洗い方の適正は人により異なる

私は仕事中や遊び中や家に居るときでも服を汚します。

表に付着した汚れを落とすためにも、向きは表にしなくちゃいけない。

そう思っています。

色褪せや色落ちなんかは気にしない。

妻はと言うと、服の表面を汚すような事はほとんどない。

体内から溢れ出る汗をどんどん吸い取るぐらい。

また、服は大事な物だから、なるべく痛めたくないという想い。

そのような状況を鑑みると、双方のやり方が違うのはしょうがないかな。

他人の意見を聞いて寛容になる

妻の口から直接聞く意見に対しては、正しかろうが間違っていようが、とにかく反感を覚える事が度々です。

が、全く赤の他人の意見を知ると、「ぁぁぁ、そうなのね・・・」と、頷ける事があります。

冷静な状態なので、素直にスッっと頭に入ってくるのでしょうか?

今回はすっかり納得しました。

妻に直接聞いて、すったもんだするより、先に他人の意見を聞いといて良かった。

自分中心の考え方から少し視野を広げて、洗濯物を裏向きで洗う事に寛容になろうかと思います。

ただ、「表向きに戻してから仕舞うように」との要望だけは引き続き訴えていきます。

まとめますと、「洗い方はどうでも良いので、表向きに戻してから仕舞ってね」、という話でした。

スポンサーリンク

フォローする