妻の本をスキャンして捨てる。

村上春樹の本のタイトル「1Q84」が暗号だって?

ユーチューブで陰謀に関する動画を視聴していました。

すると、村上春樹が書いた本のタイトル、「1Q84」が暗号だなんて事を言っています。

「Q」はアルファベット順に並べると、17番目にあたる。

「1Q84」の「Q」を17に置き換えると「11784」になる。

この数字を検索すると、結果は。

1番目に、「マイクロチップ – アナイス」

2番目に、「ISO 11784 & 11785 – Wikipedia」

11784

2件目のWikipediaを確認してみました。

ISO 11784および11785は、動物にマイクロチップを含むトランスポンダを植え込み 、導入または取り付けることによって通常達成される、動物の無線周波数識別 (RFID)を規制する国際標準である。

参照元:ISO 11784&11785

陰謀論者が言うには、「1Q84」は、マイクロチップの事を指している、と言っています。

で、それ以上の言及は無いので悶々とさせられます。

私は9~10年ぐらい前に、ユーチューブ動画で、マイクロチップ埋め込み計画の事を知りました。

当時は半信半疑だったし、日本ではありえないだろうし、あったとしても、自分が死んでからの話かと思っていました。

それがいつの間にか現実になっています。

最近、都市伝説の番組で、関暁夫がマイクロチップの事を宣伝していましたよね。

宣伝と言うより、あれはもう、脅し&強迫に聞こえました。

そろそろ自分達の身にも及びかねないと感じさせられます。

ホント不気味。

妻の本をスキャンして捨てる

妻に以上の話をすると、「1Q84」を持っていました。

1冊の本かと思ったら、6冊もある長編でした。

読むのは大変そうなので、妻に内容を聞いて終わらせようと思ったら、妻はまだ読んでないとの事。

何で!?

ならば自分で読んで解明するしかない。

しかし、老眼なのでこんな小さな字は見えません。

字が小さくて読めないので、スキャンしてパソコンに取り込み、大きなモニター画面を使って読む事にしました。

妻もその提案に快諾。

今回は断捨離作業の一環とかではなく、単に字が小さくて読めないので自炊しました。

カバー、帯、しおりを取り除きます。

本体のみスキャンします。

背の部分を切り落としやすくするために、2分割にします。

定規をあててカッターで切ります。

切り落とし完了。

もう一つの方も定規をあてて。

切り落とし完了。

1冊をここまでするのに掛かる所要時間は1~2分ほどです。

6冊全て、背の部分を切り落としました。

今回、カッターは丸刃を使いましたが、直刃でも問題無くカット出来ます。

あ!?

という事は、丸刃カッター要らないかもね?

考えていたら作業が進まないので、断捨離作業はまたの機会へ。

では、スキャンしていきます。

順番を間違えないように、読み込ませていきます。

はい、完了しました。

作業開始から終了までの所要時間は1時間弱でした。

それにしても、こんな量、ちょっと読む気がしません。

「1Q84」の書評をネットで確認してみると、面白そうではあるが、意味が解らないとの意見もありました。

中には3回読まないと意味を理解出来ないよという人も。

それを聞くと気が萎えます。

とりあえず自炊作業にも疲れたので、そのうちという事にします。

果たして読む日は来るのであろうか!?

妻の本も減らしていこう!

現在、私自身は、本は1冊も持っていません。

本も読まなくなりました。

よって、自炊なんて、今回久しぶりです。

久しぶりの自炊でしたが、あまり楽しいものではありませんね。

も~面倒くさい。

そういう訳で、昔、妻の本に関しては、「一切関わりたくない!」と宣言した事があります。

かと言って、妻は自分で自炊なんて絶対しません。

その為、今日まで、妻の本は一向に減らず。

その本を、今回、6冊だけですが、捨てられた事で、心なしかスッキリしました。

これまで、妻の本は一切無視してきましたが、スッキリ出来た事も有り、「妻の本も減らしていこう!」へ方針転換していこうかと、少しだけ心を揺らされた出来事でした。

「1Q84」:村上春樹著

スポンサーリンク

フォローする