北海道の次は関東かもしれない。

9月6日、北海道で大きな地震がありました。

「天災は忘れた頃にやってくる」なんていうことわざがありますが、ホント忘れた頃にやってきますね。

いや、地震情報は毎日チェックしているので、忘れてはいないのですが、危機感というものがすっかり薄れています。

「車の燃料を給油するのは明日でイイか~」とか、「食料が無くなってきたけれど、そのうち補充すればイイか~」とか。

「何かしら起こったときに対処すればイイか~」や、「どうせ何も起きないだろうし~」

なんて思うようになっていました。

しかし、東北、九州、近畿、北海道と大きな地震が続きました。

となれば、次は自分が住んでいる関東地方だろうか?

と想像すると、早急に準備や対策を講じなければなりませんね。

昨夜はフィジー諸島でも大きな地震(マグニチュード8.1)があったようですし。

フィジー諸島を地図を確認すると、バヌアツのすぐ近くです。

バヌアツとフィジー

バヌアツの近くで地震が発生したとなると、バヌアツの法則が気になるところです。

熊本地震後にバヌアツの法則を知りましたが、今回簡単にまとめてみました。 「バヌアツの法則」 バヌアツ諸島やソロモン諸島で大きな地震が発生...

不確かな情報に翻弄されるのは考えものですが、それでも備えあれば憂いなしという事で、しっかり備えておこうと思います。

大地震に遭遇して、生き残ったとしたら・・・

を想像して。

明日は我が身かもしれません。

スポンサーリンク

フォローする