快適な生活環境を整えようとするとキリが無い。

たまに、○○が欲しいと思います。

○○とは、あれば便利な物。

例えば、テレビドアホン

私が住んでいる築古アパートにはテレビドアホンなんていうものは付いていません。

チャイムを鳴らされるたびに、玄関先まで赴き対応しています。

我が家のチャイムを鳴らすのなんて、ほぼ、招かれざる客です。

そんな時、テレビドアホンが有ったら、座ったままで対応出来ます。

そうして、「ドアホンがあれば、快適だろうな~」なんて想いが生じて、ドアホンが欲しくなる。

しかし、そんな想いが生じるのは、招かれざる客のせいです。

招かれざる客の為に、お金や無駄な労力を費やされる事になる。

それは腹立たしい!

「欲しい!」「要らん!」と言う気持ちがグルグル巡っています。

例えば、充電式掃除機

我が家では、モップ、箒、コロコロ、雑巾で掃除を実施しています。

毎日、私か妻が、拭いたり掃いたりしています。

が、ちょっと掃除し辛い場所は、私も妻も見て見ぬふりしてしまいます。

そんな場所はホコリが溜まりがちです。

溜まったホコリをチラ見しては、ササッと取り出して使える、充電式のハンディークリーナーが欲しい!なんて思います。

他にも快適な生活環境を得ようと、細々とした欲が出てきます。

快適な生活環境を整えようとするとキリが無い

断捨離欲が落ち着くと、今度は不便さが目に付くようになりました。

不便さに遭遇したときに、すぐに脳が反応して、改善策を講じてしまいます。

改善策を講じると、おのずと物が欲しくなってきます。

その度に、「イヤイヤイヤ!要らない要らない要らない!」と、強制的に想いを打ち消しています。

まぁ、テレビドアホンを設置したり、充電式掃除機を買い替えたところで(コード式のクリーナーは持っている)、生活に支障は無いですし、むしろ益々快適になりそうではあります。

ただ、快適さを追い求めると、キリが無いと感じます。

昔の自分がそうでした。

1つ欲を満たすと、また新たに次の欲(課題)が生じてくるのは常でした。

過去の自分は快適さを求めて、買物依存という泥沼に陥っていました。

現状に満足してしまおう

快適さを求めるとキリがありません。

キリが無いので、快適さを求める事は止めようとしました。

ちょっとぐらいの不便が生じたときは、頭と体とある物を使って対処していこう。

「もうこれで充分だ」

以上、何度も何度も頭に叩き込んだ想いです。

しかし、最近、快適さを求めて物欲が湧き気味です。

欲が揺ら揺らとチラつきます。

ここで耐えないと元の木阿弥になってしまいかねない。

辛うじて、今のところ、物は増えていません。

また、今後も物は増やしたくありません。

現状を維持するためにも改めて、「快適な生活環境を整えようとするとキリが無い!もうこれで充分!」という考え方と想いを反芻していきたいところです。

スポンサーリンク

フォローする