自分でiphoneの電池交換した。

スマホ(iphone5s)を使い始めて3年と数か月経ちました。

すぐに充電量が減ってしまいます。

という訳で、とうとう電池交換を決行しました。

もちろん作業は自分で!

作業工程

アマゾンで電池交換キットを購入。

1,880円也。

phone5sの電池交換

作業手順はユーチューブ動画で確認したので、説明書を読むのは省略。

phone5sの電池交換

買ってからすぐに防水ケースに入れていたので無傷です。

phone5sの電池交換

最初の難関、蓋を開ける作業。

力加減が解らなくて、かなりおっかなビックリで作業しました。

1~2分ぐらい、ウニャウニャと引っ張って、何とか開けられました。

コツは掴めませんでした。

悪しからず。

phone5sの電池交換

次の難所、両面テープ剥がし。

案の定、失敗!

phone5sの電池交換

付属品で無理やり剥がす事に。

なかなか外れない。

phone5sの電池交換

なかなか外れない。

電池が変形するだけ。

phone5sの電池交換

プライヤーで電池を掴んで引っ張りましたが、全然剥がれない。

ボロボロになるだけ。

※危険なのでこんな作業はやめといたほうがイイ

phone5sの電池交換

ドライヤーで熱風を5秒ずつぐらい当てながら棒を差し込んでいくと、ジリジリ剥がれていきました。

phone5sの電池交換

無事剥がれた。

phone5sの電池交換

テープを綺麗に剥がして完了。

phone5sの電池交換

外した部品はかなり小さく、無くしやすくてどこの部品か解らなくなるので、しっかり分けておきます。

phone5sの電池交換

ひと段落したので休憩に入ります。

説明書を確認してみる、両面テープ剥がしに失敗した場合、その後の手順が書いていた。

説明書も確認しておけば良かった!

phone5sの電池交換

やっと新しい電池の設置作業に入ります。

で、後は外した部品を逆に設置していくだけなので、途中は端折りますが、無事に電池装着!

気を付けるべきと感じたのは、ネジが飛んでいかないよう細心の注意を払う事。

あと、コネクターをしっかり嵌め込む。

かと言って、強く押し込むのは禁物。

「プチ」っという微細な感覚を確認する事。

設置作業が終わり、蓋を閉める前には動作確認する事。

音は出るか。

アプリは起動するか。

画面表示は縦横になるか。

など。

phone5sの電池交換

ここまでの所要時間、1時間10分。

思った以上に時間が掛かりました。

phone5sの電池交換

あとは蓋を閉めて完了。

iphoneの電池交換に必要な物

電池交換キット。

phone5sの電池交換

私の場合ですが、以下の物を使いました。

手の脂でスマホを持つ手がツルツル滑り出すので手袋。

老眼鏡(老眼の人は必須)。

LEDライト(老眼の人はあったら便利)。

精密機器用クロス(防水ケースに仕舞う前にクロスで拭きます)。

画像には写っていませんが、両面テープを剥がしやすくする為に、ドライヤー。

画像には写ってますが、プライヤーは要らなかった。

phone5sの電池交換

以上の物が有れば事足りました。

まとめ

今回、作業を始める前に、ユーチューブ動画で勉強してから始めました。

所要時間は30分ぐらいかと予想しましたが、倍以上掛かってしまった。

蓋を外す、両面テープを剥がす、ネジを締め込む作業に手間取りました。

実際に自分で作業をしてみて感じたのは、人には勧められないという事。

例えば、細かい作業が苦手なガサツな妻には絶対勧められない。

絶対ぶっ壊してしまう!

細かい作業の経験と自信がある人以外はやめときましょう。

電池交換キット。

DIGIFORCE LPB-DIGI5S 互換バッテリー 説明書・工具付 PSEマーク表示

参考にしたユーチューブ動画。

日本一分かりやすい iPhone 修理動画 iPhone 5s バッテリー 交換 | 自分で修理.COM

スポンサーリンク

フォローする