貧乏でも、豊かに暮らしていければ嬉しい。

年収がまだ300万円以上あった頃、森永卓郎さんの、「年収300万円時代を生き抜く経済学」という本を読みました。

内容は全く忘れました。

が、タイトルを見て、「300万円になったら何も買えないじゃんか!?」

なんて思い、恐怖した事は憶えています。

しかし・・・

今では300万円どころか、その半分程度。

妻と合わせてやっと300万円ぐらい。

300万円あれば、高価な物や、多くの物は買えないけれど、必要な物ぐらいは買えます。

贅沢も出来ませんが、その代わり、ゆっくりした時間を過ごせるようになったので、それなりに良い生活ではないだろうかと感じています。

独身時代、ほとんど毎日外食でした。

家で自炊する暇なんて無かった。

現在、外食するのは、月に0~2回程度。

外食は一大イベントになっています。

たまに外食をすると、それがかなり贅沢に感じます。

所謂、「貧乏」な生活を送っています。

別の言い方をすれば、質素な生活をする事で大きな満足を得られている。

なんて言えるかな・・・

ものは考えよう。

今日は氷が融ける過程を観察して楽しんでいました。

他にブログを運営しているので、そのブログにアップする為なんですけど。

そのブログが多くの人に見られる事によって、広告収入がチャリ~ンっと入ってきたら、なお楽しい。

時代も変わったし、自分も随分と変わりました。

そんな感じだけど、これからも、貧乏でも、豊かに暮らしていければ嬉しいかな。

スポンサーリンク

フォローする