物の量を修正して、適正量にする。

断捨離すると気持ち良い

これまで、断捨離して、いろいろと減らしてきました。

持ち物が少なくなると、部屋がスッキリして、気持もスッキリする。

特に夏は、がら~んとした部屋で過ごすのは気持ち良い。

寒くなると物が欲しくなる

が、寒くなると、そうはいかない。

なんやかんやと欲しくなります。

足の冷えない靴下が欲しい。

暖かい防寒着が欲しい。

こたつが欲しい。

など、物欲が湧かざるを得ない。

寒くなると減らし過ぎたと感じる

寒さに耐えられないので、我慢せずに欲しい物を買ってしまおう!

なんて衝動に駆られて、また買ってしまったら・・・

暑くなってきたときに、邪魔に感じて、また捨てちゃいそう。

そんな将来が予測されるので、ある物を駆使してやり過ごそうかと思います。

しかし、我慢しなくちゃいけない状況というのは、減らし過ぎだという事でしょうかね。

煩わしさの解消と快適さは共存出来ない?

物を減らす理由はいろいろありましたが、その中に、「物に煩わされないで快適な生活をしたい」なんて事柄があります。

物を持たない事で、確かに煩わされるような事は激減しました。

しかし、物を減らしすぎて、快適さが損なわれている感は否めない。

快適さを得る為には、物を所有する事による煩わしさを伴う事は必須。

結論としては、物に煩わされずに快適さを求める事は難しい。

そんな都合の良い話は無いっていう事です。

物の量を修正して、適正量にする

自分で出来る範囲を探りつつ、物を減らす事を実践してきました。

そこで、自分にとっての下限を知りました。

無くてもやっていけるという事も判りました。

今度は行き過ぎた分を、少し修正してやらなければと感じています。

とか言っても、大した事はしないですが。

パンツが2枚しかないので、1枚追加して3枚にしようかと思います。

足の冷えない靴下も買おうかと思います。

その他、諸々減らし過ぎてしまった為、改善しなくてはと思うところがあるのですが、とりあえず手軽なところから修正して、適正量に近付けていこうかと思う次第です。

スポンサーリンク

フォローする