人の振り見て我が振り直す。

気持ちの切り替えがすぐに出来ません。

頭の切り替えと言ったほうが正しいのでしょうか?

例えば、パソコンで調べものをしているときに、妻に声を掛けられると、イラっとしてしまいます。

調べものを途中で中断して、妻の話しを聞くにしても、なかなか妻の話しが頭に入ってきません。

やっと妻の話しが終わって、調べものを再開しても、今度はさっきの妻の話しが気になって、なかなか調べものに集中出来なくなってしまいます。

なので妻に話しかけられると、「その話し後にして(怒)!」となります。

 

妻の問いかけにササッと返答し、返答し終った瞬間、またパソコン作業にササッと戻る事は出来ないものだろうか?

答えを求めて検索してみました。

キーワードは「頭の切り替えが出来ない」。

「お坊さんQ&Aサイト」を見つけました。

(問)

他の人の事をうらやんでその雑念を振り払えない。

振り払おうとすると余計に苦しくなります。

人は人、自分は自分であると気持ちの切り替えが出来ない。

いつも将来の事が気になる。

社会不安障害と言うべきでしょうか?

(お坊さんの回答)

あなたを否定しませんのでご安心を、ですが、ご質問にもありますが、

・気持ちを切り替えよう…としなさんな。

・振り払おう…としなさんな。

・社会不安障害でしょうか?…とかイチイチ名前付けて暗示にかかりなさんな。

そういうあなたを損ねるマイナスな「考え方」だけ改善させていただきます。

人間考え方だけ変われば救われるのです。

引用元:hasunoha(ハスノハ)気持ちの切り替えが出来ない

以上、求めていた内容とちょっと違います。

が、気になる内容だったので、私も答えを考えてみました。

人は人、自分は自分と言う考えで生きていけたら楽だと思います。

が、周りの雑音に抗おうとしても、なかなか難しい部分が有ります。

若い時期、人と比べないで良いような、境遇と精神を持ち合わせるなんて、かなり難しい事でしょう。

「じゃあどうすれば良いのか?」

と考えて思うのは、頑張ってお金持ちになるか、それが出来なければ、心を鍛えながら歳を重ねていくしかないのではないでしょうか。

悩んで悩んで、考えて考えて、戦って戦って、その繰り返し繰り返しで月日を重ね、そしてようやく、やっとで達観出来るようになってくるような内容の話しだと思います。

で、どちらがお勧めかと言うと、心を鍛える事を勧めます。

お金持ちになったところで、お金持ちゆえの悩みが生じて、いつまでたっても悩みは尽きなさそうです。

それよりも、お坊さんが言うような、「人間、考え方だけ変われば救われるのです」を心の片隅に信条として置いて、あとは自問自答しながら精神修行していくほうが、結果的に幸せになれそうな気がします。

 

と、まだ先が長い若い人の悩み相談と決めつけて答えを考えてきましたが、ここまで書いて質問者さんの情報を確認すると【男性/ヒロイズム/岡山県/40歳代】の人の悩み相談でした。

同じ40歳代じゃないか!?

40歳代ですか・・・

それはそれで悩める年頃なんですよね。

同年代の悩み事を見て、そう言う自分も、まだまだ悩みに囚われるているなと。

人の振り見て我が振り直してしまい、私も要らぬ事で悩んだりしているので、まだまだ修行しなければと、改めて思います。

妻に話しかけられたぐらいで、イラっとしているようじゃ、まだまだ未熟者。

ここに書いた事、そっくりそのまま、自分へのメッセージとして捧げて、後味悪くここで終わりにします。

タイトルとURLをコピーしました