自分にとって価値有る物だけを残す。

苦労して買った物などは、なかなか捨てられず、処分するまでに時間が掛かります。

また、高い物は使わないとしても手放し難いです。

しかし、苦労して買った高価な物でも、使ってない物は邪魔なだけ。

そう分かっていながらも、高かったからと思うと勿体なくて、また元の場所に戻してしまう。

そんな事を繰り返し、悩んだ挙句、結局は処分する事になります。

使わない物を持っていると、無駄な労力を使わされる事になってしまう。

そんな事をヒシヒシと実感します。

金目の物でも、使わない物は自分にとって、価値が無いどころか、足手まといになってしまう。

そのような物はさっさと手放してしまって、自分にとって価値有る物だけ残して暮らしていきたいところ。

今ではうちには金目の物はありませんが、やっかいな物が無いと考えると、それはそれで気持ちが軽いです。