物は画像に記録すると捨てやすくなる。

大事な物って捨てづらいです。

大事じゃない物でさえ捨てづらいのに、大事な物は尚更です。

そんな大事な物と対峙するときは、とりあえずデジカメで撮影しています。

そうする事で、いくらか捨てやすくなります。

捨てづらい物はデジカメで撮影してやるといくらか捨てやすい気持ちになれる

捨てづらい物を処分するときに有効だった手段は、デジカメで撮影する事。

なかなか手放せない物をどうにかしたいと思ったとき。

その対象物をデジカメで撮影してやります。

その物の形を画像に記録してやる事で、見たいときにいつでも見る事が出来るようにしてやります。

そうすると、「もう二度とお目にかかる事が出来ない・・・哀しい」なんていうセンチメンタルな感情は少し薄れます。

そこで幾分捨てやすい気持ちになれます。

私はこの方法をきっかけとして、大方処分する事が出来ました。

「持っていたとしてもどうせ使わないから、画像だけ残っていればいいや」

そんな気持になれました。

将来センチメンタルな気持ちになるかも

画像に記録していない物は、いずれ思い出す事も無くなるでしょう。

なので、出来れば、画像に残すなんて作業を必要とせずに捨てられた方が、あとあと面倒な事にならないのではとも想像します。

画像が残っていると、将来目に触れた瞬間に、もしかして後悔の念が湧き上がるかもしれません。

時を超えて、センチメンタルな気持ちになったりするという事も。

そんな事を想像すると、画像に収める事が良いのか否か悩むところです。

とりあえず画像に収める事から始める

捨て作業を進めるためには、画像に収めるという作業は有効な手段なのは間違いないと感じています。

しかし、いろんな状況を想像してみると、それが正解なのか否かという事も考えさせられます。

考えさせられますが、とりあえず画像を撮影する事は、一つのハードルを越えるための方法としては有効です。

そう思い、物と対峙するときは、とりあえず画像に収める事から始めています。