トランク一つ分まで荷物を減らして、どこでも自分の部屋のようにしたい。

全財産はトランク一つ分

所有物は、出来れば「トランク一つ分の荷物」ぐらいに納めたいと考えます。

トランク一つ分の荷物しか持っていなければ、全財産を持っての移動が楽々です。

移動が楽々に加えて、移動先がどんな場所でも、自分の部屋のように使えると言うような幻想が浮かびます。

どこでも自分の部屋

例えば、実家に帰って、トランクをパカっと開けると、そこには自分の持ち物が全て入っています。

すぐに日常生活を開始出来ます。

旅行に行って、宿でトランクをパカっと開けると、そこには自分の持ち物が全て入っています。

知らない土地で、すぐに日常生活を開始出来ます。

非現実的なので妄想する

ジプシー気質とでも言うのでしょうか、そういう事を想像すると、ワクワクしてしまいます。

妄想してワクワクしてしまいますが、現実にそんな事をするのは無理です。

でも、物を減らしていくと、そんな幻想に近づいているよな~、という気持ちになれます。

現実問題、そんな事は無理なので、自分の家内だけで、そんな事を楽しんでいます。

自分の部屋に居ると、まだまだ暑いので、日中は日差しが強くて部屋内が蒸しかえってしまいます。

そんなときには、涼しい玄関に移動してパソコンをいじっています。

デスクトップパソコンなので、移動に少々手間取ります。

まず、玄関に簡易デスクを設置します。

延長コードを使って電源を引きます。

パソコン、飲み物、その他小物を移動して、娯楽スペースが完成です。

冬になると、台所が暖かくて居心地が良いので、台所に移動します。

そんな風に家内を流浪しています。

家内を流浪していると、

「やっぱりノートパソコンのほうが便利だわ」とか、「物が無くてもやっていけるな」と勘違い出来ます。

更に物を減らすべくアイデアも生まれます。

どんな場所でも、自分の部屋のように、何の不便も感じないように過ごせるようにと、自分にとって必要な物を少なくコンパクトにしたいと思って、物を減らす事を考えています。